独創はひらめかない―「素人発想、玄人実行」の法則

電子版価格 ¥1,728
  • 電書あり

独創はひらめかない―「素人発想、玄人実行」の法則

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 266p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784532318413
  • NDC分類 336.1
  • Cコード C0034

内容説明

日本人よ、世界を驚かせよう。世界的に活躍するロボット研究者が、真に独創的な仕事をするための発想と思考の秘密を語る。

目次

第1章 素人のように考え、玄人として実行する―発想、知的体力、シナリオ(遊び心の発想;なんと幼稚な、なんと素直な、なんといい加減な考えか ほか)
第2章 コンピュータが人にチャレンジしている―問題解決能力、教育(コンピュータが人にチャレンジしている;人もコンピュータも計算する機械である ほか)
第3章 自分の考えを表現し、説得する―国際化時代の講演・会話・書き方の技術(説得する―黙っていてはわからない;前置きなしに話す―こう言えば、ああ思う ほか)
第4章 決断と明示のスピードが求められている―日本と世界、自分と他人を考える(日本に求められるのは「知のスピード」である;インターネットが社会を再構築する ほか)

著者等紹介

金出武雄[カナデタケオ]
カーネギーメロン大学ワイタカー記念全学教授。1945年生まれ。74年京都大学電子工学科博士課程修了(工学博士)。同助教授を経て、80年にカーネギーメロン大学ロボット研究所高等研究員に。同研究所准教授、教授を経て、92~2001年所長。06年生活の質工学研究センターを設立しセンター長。日本では01年、産業技術総合研究所デジタルヒューマン研究センターを設立、01~09年センター長を兼任、現在は同研究所特別フェロー。自動運転車や自律ヘリコプター、アイビジョン、顔認識、仮想化現実、一人称ビジョンなど、ロボット工学・画像認識の世界的権威であり、現在も日米を往復して独創的な研究を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。