制度と文化―組織を動かす見えない力

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 334p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784532311650
  • NDC分類 336.3
  • Cコード C3034

内容説明

常識を覆し、革新を生み出せるか?それとも、旧いルールに縛られ、呪縛に陥るか?組織内外に潜む“見えない力”の論理を解き明かす。

目次

序章 制度と文化のレンズで見る企業社会
第1章 企業文化論ブーム・再考
第2章 組織文化の光と翳
第3章 組織アイデンティティのダイナミクス
第4章 組織理論におけるパラダイムシフト―効率性モデルを超えて
第5章 新制度派組織理論のエッセンス―組織は流行にしたがう
第6章 新制度派組織理論のレンズで見る企業社会
第7章 文化の呪縛からの脱却―社会化過剰の組織観と人間観を超えて
第8章 文化の起業家、制度の起業家―複合戦略モデルの構想

著者等紹介

佐藤郁哉[サトウイクヤ]
一橋大学大学院商学研究科教授。1955年生まれ。77年東京大学文学部卒(心理学)。84年東北大学大学院博士課程中退(心理学)。86年シカゴ大学大学院修了(Ph.D.)(社会学)。東北大学文学部助手、茨城大学人文学部助教授、一橋大学商学部助教授・同学部教授を経て、2000年から現職

山田真茂留[ヤマダマモル]
早稲田大学文学部教授。1962年生まれ。85年東京大学文学部卒(社会学)。92年東京大学大学院博士課程単位修得退学(社会学)。東京大学文学部助手、東京外国語大学外国語学部講師・同学部助教授、立教大学社会学部助教授を経て、2003年から現職
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。