知略の本質―戦史に学ぶ逆転と勝利

個数:
電子版価格 ¥2,420
  • 電書あり

知略の本質―戦史に学ぶ逆転と勝利

  • ウェブストアに593冊在庫がございます。(2020年01月23日 18時17分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 416p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784532176761
  • NDC分類 391.3
  • Cコード C0034

内容説明

圧倒的に不利な条件から勝利を導き出した独ソ戦のスターリン、英独戦のチャーチル、インドシナ戦争のホー・チ・ミン、対イラク戦圧勝もつかの間、非正規戦という泥沼の打破を迫られた米国―。勝者はいずれも、攻撃と防御、機動戦と消耗戦を二項動態的に把握し、縦横無尽に使い分け、情況と文脈の変化に応じて具体的な戦略を実践している。このような戦略こそが「知略」だ。4つの逆転の戦史にもとづいてリーダーシップの本質に迫る『失敗の本質』『戦略の本質』『国家経営の本質』に続くシリーズ最終巻。

目次

序章 四度目の挑戦
第1章 独ソ戦―勝利を呼び込んだ戦略と戦術の進化
第2章 イギリス1941~1943―守りから逆転へ
第3章 インドシナ戦争―ゲリラ戦と正規戦のダイナミックス
第4章 イラク戦争と対反乱(COIN)作戦―パラダイム・シフトと増派(サージ)戦略
終章 知略に向かって

著者等紹介

野中郁次郎[ノナカイクジロウ]
一橋大学名誉教授。1935年生まれ。カリフォルニア大学(バークレイ)経営大学院卒業。Ph.D.著書に『組織と市場』(日経・経済図書文化賞受賞、千倉書房、1974年)など

戸部良一[トベリョウイチ]
防衛大学校名誉教授、国際日本文化研究センター名誉教授。1948年生まれ。京都大学大学院博士課程単位取得退学。博士(法学)。著書に『ピース・フィーラー』(吉田茂賞、論創社、1991年)、『自壊の病理』(アジア・太平洋賞特別賞、日本経済新聞出版社、2017年)など

河野仁[カワノヒトシ]
防衛大学校教授。1961年生まれ。大阪大学大学院人間科学研究科博士前期課程教育学専攻修了、米ノースウェスタン大学大学院博士課程社会学専攻修了(Ph.D.)

麻田雅文[アサダマサフミ]
岩手大学人文社会科学部准教授。1980年生まれ。学習院大学文学部史学科卒業、北海道大学大学院文学研究科博士課程単位取得後退学。博士(学術)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

スターリン、チャーチル、ホー・チ・ミン--。勝利をもたらすリーダーに共通する、知を共有し人々を動かす知略のメカニズムを解明。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件