昭和後期10人の首相―日経の政治記者が目撃した「派閥の時代」

個数:
  • ポイントキャンペーン

昭和後期10人の首相―日経の政治記者が目撃した「派閥の時代」

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月04日 09時38分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 301p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784532166540
  • NDC分類 312.1

内容説明

政治も経済もダイナミックだった時代、個性溢れる男たちが繰り広げた「永田町のドラマ」を活写。

目次

第1部 昭和後期10人の首相(岸信介―新安保条約とともに退陣;池田勇人―高度成長への先導役;佐藤栄作―史上最長不倒の政権;田中角栄―日中国交回復も竜頭蛇尾に;三木武夫―「青天の霹靂」とロッキード事件;福田赳夫―経済に振り回された経済通;大平正芳―衆参同日選挙中の壮烈な“戦死”;鈴木善幸―一銭も使わずに総理になった男;中曾根康弘―「戦後政治の総決算」;竹下登―昭和時代最後の宰相)
第2部 政治家寸描(平成の首相―宇野宗佑から小泉純一郎まで;昭和・平成の実力者 記憶に残る15人)

著者紹介

山岸一平[ヤマギシイッペイ]
1937(昭和12)年、埼玉県北川辺町に生まる。栃木高校を経て60年、中央大学法学部法律学科卒業、日本経済新聞社に入社。23年間政治記者、政治部長、取締役西部支社代表、常務人事局長、同大阪本社代表、専務取締役を経て98年(平成10)退社、日経メディアマーケティング社長。現在、日経メディアマーケティング顧問、日本経済新聞社客員、公安審査委員会委員(07年12月まで)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)