• ポイントキャンペーン

論争 日本のワーク・ライフ・バランス

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 323p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784532133528
  • NDC分類 366.021
  • Cコード C3034

内容説明

労働市場は自由化すべきか、規制が必要か?性別役割分業意識の壁は崩せるか?効率性を重視する発想の功罪は?女性を活用できる人事・労務管理とは?―ワーク・ライフ・バランス実現の道筋を論争スタイルで解明。

目次

第1セッション 雇用と人材活用のありかたとワーク・ライフ・バランス―米国モデルは有効か?(ワーク・ライフ・バランスを通じた女性の人材活用;ワーク・ライフ・バランス促進のための政府の役割)
第2セッション 家庭と職場のありかたとワーク・ライフ・バランス―その前提と道筋(ジェンダーセンシィティブなワーク・ライフ・バランス論をめざして;ワーク・ライフ・バランスと企業によるWLB支援)
第3セッション 少子化対策とワーク・ライフ・バランス―経済的発想の功罪(少子化対策におけるワーク・ライフ・バランスへの期待;ワーク・ライフ・バランス:経済的発想の功罪)
第4セッション 男女平等とワーク・ライフ・バランス―統計的差別解消への道筋(男女の賃金格差と女性の統計的差別の解消への道筋;企業の女性活用と男女間賃金格差)

著者等紹介

山口一男[ヤマグチカズオ]
シカゴ大学ハンナ・ホルボーン・グレイ記念特別社会学教授/経済産業研究所(RIETI)客員研究員。1971年東京大学理学部卒業後、総理府勤務(1971‐1978年)、シカゴ大学社会学博士号取得(1981年)、コロンビア大学公共衛生大学院助教授(1983‐1985年)、カリフォルニア大学ロサンジェルス校社会学部助教授及び准教授(1985‐1991年)、を経て1991年よりシカゴ大学教授。2003年よりRIETI客員研究員

樋口美雄[ヒグチヨシオ]
慶應義塾大学商学部教授。1975年慶應義塾大学商学部卒業。1980年慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程修了、博士号(商学)取得。米国コロンビア大学経済学部客員研究員(1985‐1987)を経て、1991年より現職。内閣府経済財政諮問会議「労働市場改革専門調査会」委員、内閣府「子どもと家族を応援する日本重点戦略会議」委員などを兼任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。