年を重ねるほど心が若返る名言―精神科医が教える「定年後」に効く処方箋

個数:

年を重ねるほど心が若返る名言―精神科医が教える「定年後」に効く処方箋

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月21日 15時25分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 192p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784522436554
  • NDC分類 159.8
  • Cコード C2076

内容説明

今響く素敵な言葉には、人生を豊かにするパワーがある!

目次

はじめに お気に入りの言葉を持っていると人生の後半戦はさらに面白くなる!
第1章 定年後の不安がスーッと消えていく言葉―定年後の生活は今までの延長線ではなく人生の新しいステージとして捉えよう
第2章 自分らしい老い方のヒントが見つかる言葉―老いを“年齢に合った成長”として捉えるとあなたの可能性はもっと広がる
第3章 人生の後半戦がさらに豊かになる言葉―老後は複数の趣味を楽しんで「脳が喜ぶ生活」を心がけよう!
第4章 年をとるのがもっと面白くなる言葉―必要なもの、不要なものをリストアップしてシンプルな暮らしを心がけよう
付録 人生100年時代を楽しむために50代・60代・70代にしておきたいことリスト(50代は定年準備の大切な時期 今までの人生を振り返ってみよう;60代は「老い」を肯定的に捉えることで自分の新しい可能性が開けてくる;70代は余分なものを手放すことで穏やかで心満たされる日々が送れる)

著者等紹介

保坂隆[ホサカタカシ]
1952年山梨県生まれ。慶應義塾大学医学部卒業後、同大学精神神経科学教室入局。1990年より米国カリフォルニア大学ロスアンゼルス校(UCLA)精神科に留学。東海大学医学部教授、聖路加国際大学臨床教授などを経て、現職は、聖路加国際病院診療教育アドバイザー、保坂サイコオンコロジー・クリニック院長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。