• ポイントキャンペーン

募集株式と種類株式の実務

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 240p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784502998805
  • NDC分類 325.242

こちらの商品には新版があります。

内容説明

株式発行実務の本質を解明。新株式・自己株式・種類株式の正しい理解を具体例で追い求めた実務書の決定版。会社法務部待望の1冊。

目次

序章 本論の前の簡単な予備知識
第1章 募集株式の発行
第2章 自己株式の処分と募集株式の計算
第3章 種類株式の発行と変更
第4章 種類株式発行会社の株式募集
第5章 自己株式の取得と消却
第6章 株券の廃止と譲渡制限の設定

著者紹介

金子登志雄[カネコトシオ]
司法書士。昭和23年、群馬県生まれ。慶応大(法)卒。信託銀行出身。昭和62年、公認会計士集団と共に日本初のM&A専門会社を設立し、M&A・企業再編の業務に参入。平成3年、アクモス(株)創業(取締役就任)。平成8年、アクモスを株式公開。同年、司法書士登録。平成11年、日本初の株式交換をアクモスにて実行。その他、多数のM&A、合併、会社分割、株式交換等の手続に関与。平成14年、研究意欲あふれる司法書士と共に実戦的な企業法務研究集団・ESG法務研究会設立、代表就任

富田太郎[トミタタロウ]
司法書士。昭和34年、静岡県生まれ。中央大(経)卒。大手リース会社出身。東京司法書士会総合研修所「判例・先例研究室」室長を経験。平成14年、ESG法務研究会設立に参加。現在、東京都新宿区を拠点に、金融機関、上場会社、ベンチャー企業等を中心に司法書士として活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)