雇用調整の実務―賃金調整、一時休業、希望退職、整理解雇等の実施手続

個数:
  • ポイントキャンペーン

雇用調整の実務―賃金調整、一時休業、希望退職、整理解雇等の実施手続

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 201p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784502677304
  • NDC分類 336.42
  • Cコード C3034

内容説明

企業が存続するためにやむを得ず雇用や賃金の調整を行うことを検討する際に、いかなる方法を選択し、実施すべきかについて、詳しく解説。雇用調整各手法の具体例と留意点を、実務に即してわかりやすく紹介した。それぞれの雇用調整手法について、実施要領、届出・申請書、社内通知および労使協定の例などを多数紹介している。

目次

第1章 雇用調整の方法
第2章 パートタイマー・派遣社員削減の実務と留意点
第3章 賃金調整の実務と留意点
第4章 一時休業の実務と留意点
第5章 出向の実務と留意点
第6章 希望退職の実務と留意点
第7章 整理解雇・内定取消しの実務と留意点
第8章 雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成金の実務
付 雇用調整助成金申請書類

著者等紹介

荻原勝[オギハラマサル]
昭和37年東京大学経済学部卒業。現在、人材開発研究会代表。経営コンサルタントとしてコンサルテーション、原稿執筆、講演に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。