MBA講義 事業ポートフォリオの最適化―事業会社・金融機関・パブリックセクターのM&A

個数:

MBA講義 事業ポートフォリオの最適化―事業会社・金融機関・パブリックセクターのM&A

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 334p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784502674907
  • NDC分類 336
  • Cコード C3034

内容説明

投資銀行やコンサルティングファームで、多くのM&A実務を経験した後、九州大学ビジネススクール専攻長や行政刷新会議事業仕分け人を務める著者が、豊富な実務経験と理論の裏付けをもとに書き下ろした最新MBAテキスト。事業セクターのほか、金融セクターや政府セクターの財務最適化も解説。豊富な練習問題付。

目次

1 経営環境の変化
2 企業価値評価の方法
3 連結事業部制の導入
4 事業ポートフォリオの最適化とその手法
5 M&Aの主たる手法
6 M&Aのバリエーション
7 資本構成の最適化
8 金融機関の事業ポートフォリオの最適化
9 パブリックセクターの事業ポートフォリオの最適化

著者紹介

村藤功[ムラフジイサオ]
九州大学大学院経済学府教授産業マネジメント専攻長。東京大学法学部卒、ロンドン・ビジネス・スクールMBA。Bain&Co,メロン銀行、CSファースト・ボストン、ペレグリンを経て、1998年からアンダーセンで財務戦略部門を統括。2002年に、エンロン問題で、アンダーセンとKPMGのコンサルティング部門が統合され、ベリングポイント社と名称変更されたことに伴い、アンダーセンのパートナーからベリングポイント社のマネージング・ダイレクター、2009年までプライス・ウォーターハウス・クーパース・コンサルタント顧問。2003年4月から開設された九州大学のビジネス・スクールで企業財務とM&Aを担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)