国際課税・係争のリスク管理と解決策

個数:

国際課税・係争のリスク管理と解決策

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 392p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784502282416
  • NDC分類 345.1
  • Cコード C3034

出版社内容情報

国際課税の現場ではいま何が起きているのか?第一線で実務を行っている著者陣が、税務調査、税務係争、CFC税制、移転価格税制、付加価値税、関税などへの対応策を指南。

山川 博樹[ヤマカワ ヒロキ]
著・文・その他/編集

内容説明

国際課税の現場ではいま何が起きているのか?税務調査、税務紛争、移転価格税制、CFC税制、付加価値税、関税、国際税務訴訟などへの実務対応。

目次

第1部 多発するグローバルな税務係争と解決に向けた羅針盤―税務調査・係争の現場とポストBEPSの移転価格対策(グローバルな税務調査・係争対策の最前線;各国の税務係争の最前線;企業のための羅針盤)
インド、インドネシア、中国における国際課税・税務執行体制の概要
第2部 国際課税の動向と税務紛争解決(国際課税の最近の動向とこれからの税務紛争管理;付加価値税法領域の税務係争解決;関税をめぐる税務紛争の解決;国内の税務係争解決の最新動向 ほか)

著者等紹介

山川博樹[ヤマカワヒロキ]
デロイトトーマツ税理士法人パートナー、理事会議長。税理士。Global Tax Controversy Team Japan Leader、経団連21世紀政策研究所国際租税研究会メンバー、日本機械輸出組合国際税務研究会委員。調査対応、争訟対応、相互協議、事前確認、国際プランニング等のサービスに従事。1982年慶応義塾大学経済学部卒業後、国税庁入庁。国税庁調査査察部調査課長を退官後、2014年9月に入社。32年間の在任中、東京国税局国際情報課長、国税庁国際調査管理官、および国税庁相互協議室長等の国際課税の要職の他、東京国税局査察部次長、東京国税局調査第二部長、国税庁審理室長、および法務省司法法制部審査監督課長等を歴任。基調講演・スピーカーの経験多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。