新版 会計学総論 (新版第2版 大塚)

個数:
  • ポイントキャンペーン

新版 会計学総論 (新版第2版 大塚)

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 224p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784502270901
  • NDC分類 336.9

内容説明

本書は会計学を初めて学ぶ人達に対して、会計学の全貌を伝えるとともに、これから会計学の学習の第一歩となることを意図して書かれたものである。広い意味での会計学の勉強は、「簿記」から入ることが多い。しかし、簿記の記帳技術ばかり習ったのでは、本来の会計の機能や役割を理解する前に、会計学への関心をなくしてしまいかねないとの懸念から、本書は文字通り、会計学の総てを俯瞰できる内容となっている。本書「新版第2版」では、平成18年5月に施行された会社法による計算書類の体系や作成方法の変更、剰余金の処分方法の変更などをフォローするとともに、企業会計基準委員会の新しい会計基準を反映している。

目次

第1章 わが国会計学の歴史
第2章 会計の領域・目的・機能・公準
第3章 簿記の機構と手続
第4章 企業会計原則と会計法規
第5章 財務諸表
第6章 わが国の監査制度
第7章 管理会計
第8章 会計学の新課題

著者紹介

青木茂男[アオキシゲオ]
1938年早稲田大学商学部卒業後直ちに同学部助手となり1949年同大学教授。1960年「近代内部監査の研究」により商学博士。1986年早稲田大学名誉教授、亜細亜大学客員教授。役職、日本学術会議会員、日本会計研究学会会長等歴任。昭和31・32年欧米留学、昭和38・44・49・53・54年米国、56・58年中国視察

大塚宗春[オオツカムネハル]
1965年早稲田大学第一商学部卒業。1973年早稲田大学大学院商学研究科博士課程満期退学。1980年~2002年早稲田大学商学部教授。1995年~1997年公認会計士二次試験委員。2002年~2005年会計検査院検査官、早稲田大学客員教授(非常勤)。2006年会計検査院長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

会社法等に準拠して改訂。会計学の歴史、簿記の仕組み、監査制度、管理会計など広範囲に説明。