まなびの入門会計学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 155p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784502188107
  • NDC分類 336.9
  • Cコード C3034

内容説明

本書は、会計学を初めて学ぶ人たちのために、その内容をできるだけやさしく説明することを意図して書かれた本である。初めて会計学を学ぶ場合には簿記の勉強から始めるのが普通であるが、本書では、簿記の説明はほとんどしていない。簿記学習は他の本に譲り、会計学のいろいろな領域に目を向けた。つまり、財務会計や制度会計を体系的に説明するというよりも、税務会計、経営分析、原価計算、管理会計、監査など、会計学の広い分野について説明している。

目次

第1章 会計とはなにか
第2章 基本的会計情報とは?
第3章 決算書の情報を分析するには?
第4章 税金はどのように計算するのか?
第5章 コストと会計情報とはどのように結びつくのか?
第6章 経営管理に会計情報をどう役立てるのか?
第7章 決算書の内容や様式はどのように決まるのか?
第8章 財務諸表は本当か?
第9章 会計は職業とどう結びつくのか?

著者紹介

中田信正[ナカタノブマサ]
立命館大学大学院経済学研究科修士課程修了。博士(商学)、公認会計士第3次試験合格。桃山学院大学経営学部教授、2002年4月より同大学名誉教授

徐龍達[ソヨンダル]
神戸大学大学院経営学研究科博士課程単位取得。1971年より桃山学院大学(経営学部)教授、フランクフルト大学、ウィーン大学などの客員教授、ロンドン大学客員研究員

小林哲夫[コバヤシテツオ]
神戸大学大学院経営学研究科修士課程修了。経営学博士、神戸大学名誉教授、1999年4月より桃山学院大学経営学部教授