デジタルアポロ―月を目指せ 人と機械の挑戦

個数:
  • ポイントキャンペーン

デジタルアポロ―月を目指せ 人と機械の挑戦

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年12月13日 13時04分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 424,/高さ 21cm
  • 商品コード 9784501630409
  • NDC分類 538.9
  • Cコード C0040

内容説明

国の存亡、パイロットの生死を賭けた壮大なプロジェクト。失敗が許されない極限状態の中、人はなにをどこまで「機械」に任せられるのか。史実をもとに、アポロ計画における人と機械の関係性を探る。米国宇宙航行学会Emme賞受賞作品。

目次

宇宙開発競争における人と機械
システム時代のショーファーとエアマン
大気圏再突入:X‐15
宇宙のエアマン
爆竹の先端に置かれた頭蓋:アポロ誘導計算機
信頼性向上か、修理か?アポロ誘導計算機
プログラムと人
月面着陸の設計
不具合を隠しもった計算機:アポロ11号
続いた5回の月面着陸
人と機械、未来の宇宙旅行

著者紹介

ミンデル,デビッド[ミンデル,デビッド] [Mindell,David A.]
マサチューセッツ工科大学(Massachusetts Institute of Technology)技術・製造歴史学科教授、航空宇宙工学科教授、科学技術社会論学科学部長

岩澤ありあ[イワサワアリア]
慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科修士課程修了。訪問研究員として米国パデュー大学航空宇宙工学科短期留学。三菱電機株式会社にて誘導制御系ハードウェア開発に従事。現在、慶應義塾大学大学院研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

米国航空宇宙学会賞受賞作品。失敗が許されない極限状態の中、人はどこまで「機械」に任せるのか。史実から未来を見つめる。2008年米国航空宇宙学会賞受賞作品。待望の翻訳。国の存亡やパイロットの生死を賭けた壮大なプロジェクト。失敗が許されない極限状態の中、人はどこまで「機械」に任せるのか。意思決定や最終判断は人が担うのか、「機械」が決めるのか。AIやIoTが一般的になりつつある現代において、人と機械、人とコンピュータはどうあるべきか、史実から未来を見つめる。

デビッド・ミンデル[デビッドミンデル]

岩澤 ありあ[イワサワ アリア]