科学コミュニケーション叢書<br> 科学技術は社会とどう共生するか

個数:

科学コミュニケーション叢書
科学技術は社会とどう共生するか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年04月24日 01時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 205p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784501624309
  • NDC分類 404
  • Cコード C3330

内容説明

社会の中の科学技術―科学者と社会の仲立ちをしてくれる科学コミュニケーターや高度科学技術社会に生きる私たちが真剣に受け止めなければならないメッセージとは。

目次

第1部 社会の中の科学技術(科学技術を社会に根付かせるために;科学の考えと文明の行方;科学技術は社会の中でどう位置づけられるのか―科学技術ジャーナリズムとの関連で ほか)
第2部 科学技術の諸相(科学リテラシーと人間の科学;マイクロプロセッサ事始め;地球規模感染症エイズが示す現代的意味 ほか)
第3部 討論(科学技術ジャーナリストの課題;医療へのまなざし―小松秀樹氏(『医療崩壊』の著者)に聞く)