PIC16トレーナによるマイコンプログラミング実習

個数:

PIC16トレーナによるマイコンプログラミング実習

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年04月19日 03時28分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 139p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784501330101
  • NDC分類 007.64
  • Cコード C3055

内容説明

初学者が効率よくマイコンプログラミングを学習できるように、マイコンが実装された検証用回路基板を用いて学習を進められる構成。前半はマイコンの説明や開発環境の構築方法とし、後半にマイコンプログラミングの説明、その関連技術と具体例を示している。

目次

第1章 マイコンの基礎
第2章 PICマイコンと開発環境
第3章 I/Oポートの出力のプログラミング
第4章 I/Oポートの入力のプログラミング
第5章 割り込みのプログラミング
第6章 周波数と音のプログラミング
第7章 表示器のプログラミング
第8章 A/D変換のプログラミング
第9章 シリアル通信のプログラミング
第10章 温度センサを使った温度測定のプログラミング

著者等紹介

田中博[タナカヒロシ]
北海道大学工学部精密工学科卒業(1983)、同大学院工学研究科修士課程修了(1985)、博士(工学)(1994)。日本電信電話株式会社(NTT)入社、横須賀電気通信研究所配属(1985)。宇宙開発事業団(現宇宙航空研究開発機構)出向(1994~1996)。その間、衛星通信システムの研究開発等に従事。現在、神奈川工科大学情報学部情報工学科教授(2006~)、ユビキタスシステム、センサネットワーク、屋内測位法等に関する研究に従事

芹井滋喜[セリイシゲキ]
中央大学理工学部物理科卒業(1991)。日本大学大学院理工学研究科原子核物理学中退(1995)。アルプス電気特機事業部入社(1983)。その間、オフコン/ワープロ等の開発に従事。株式会社ソリトンウェーブ設立(1994)。現在、株式会社ソリトンウェーブ代表取締役社長、各種ハードウェア/ファームウェア/ミドルウェア/ドライバー開発、スマートフォンアプリ開発に関する事業を展開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。