日本的霊性 (新版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

日本的霊性 (新版)

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 322p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784500007257
  • NDC分類 182.1
  • Cコード C0015

内容説明

鎌倉時代に初めて自覚の域に達し、一方では法然と親鸞の宗教経験の上に現われて浄土系思想を日本的に活かし、一方では禅経験を生活体系の中に消化したという「日本的霊性」とは何か。日本人の真の宗教意識に迫った、大拙の名著中の名著を復刊。

目次

第1篇 鎌倉時代と日本的霊性(情性的生活;日本的霊性の自覚)
第2篇 日本的霊性の顕現(日本的霊性の胎動と仏教;霊性;日本的霊性の主体性)
第3篇 法然上人と念仏称名(平家の没落;浄土系思想の様相;念仏と「文盲」;念仏称名)
第4篇 妙好人(赤尾の道宗;浅原才市)
第5篇 金剛経の禅(般若即非の論理;「応無所住而生其心」;三世心不可得;禅概観)

著者紹介

鈴木大拙[スズキダイセツ]
1870年、金沢市生まれ。本名、貞太郎。東京帝国大学文科大学哲学科選科修了。東京帝国大学文科大学講師、学習院大学教授、大谷大学教授。日本学士院会員。文化勲章受章。タゴール生誕百年賞受賞。1966年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)