父母たちへの旅―白秋のことなど

個数:

父母たちへの旅―白秋のことなど

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 211p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784500005871
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

結婚によって義父母となった北原白秋と菊子、京都大学・心茶会に入会して慈父母と慕った久松真一と村田心月、そして生父母。出逢いはすべて不可思議な縁によって結ばれていた。

目次

第1章 奇縁(白秋との地縁;白秋の貧しき日々;白秋の「利休居士」の歌をめぐって;ふでもたすみ手への祈り;母・菊子と花;慈しみの心)
第2章 法縁(慈父・久松真一先生;「久松真一年譜」の余録;久松真一先生聞き書き抄;覚者・久松真一を扶けた女人)
第3章 生縁(私である父が;時のかたみ;母の背中)
附録 『白秋全集』と私