ICU/CCUの薬の考え方、使い方〈ver.2〉 (ver.2)

個数:
  • ポイントキャンペーン

ICU/CCUの薬の考え方、使い方〈ver.2〉 (ver.2)

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2016年12月05日 23時46分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 865p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784498066632
  • NDC分類 492.3

内容説明

ICU/CCUで頻用される薬剤の使い方を中心に、著者が日々の臨床で培ったクリティカルケアの技術、経験をまとめた好評書の改訂版がついに登場!新章の書きおろし、新規薬剤、文献のアップデート、付録の追加など、大幅な改訂作業によって旧版の倍、800ページ超の大ボリュームとなりました。医師、看護師、コメディカルのスキルアップに役立つ内容が満載です!

目次

総論(ICU入室患者のアセスメント)
各論(鎮痛薬;鎮静薬;筋弛緩薬;ストレス潰瘍予防薬;輸液管理 ほか)

著者紹介

大野博司[オオノヒロシ]
2001年千葉大学医学部卒業。2001~2003年麻生飯塚病院研修医。2003~2004年舞鶴市民病院内科。2004年米国ブリガム・アンド・ウィメンズホスピタル感染症科短期研修。2004~2005年洛和会音羽病院総合診療科。2005年~洛和会音羽病院ICU/CCU、感染症科、総合診療科、腎臓内科、トラベルクリニック。現在、ICU/CCUでの内科系多臓器不全患者と心臓血管外科を含む術後患者の呼吸循環管理・急性血液浄化療法を中心にして、一般内科外来、感染症特殊外来をこなす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)