ポケット眼底アトラス

  • ポイントキャンペーン

ポケット眼底アトラス

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 236p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784498020283
  • NDC分類 496.2

出版社内容情報

《内容》 糖尿病・高血圧・動脈硬化・血液疾患・膠原病・感染症など,内科医,小児科医が知っていなければならない眼底病変の原色写真集であるである.病変の見方,鑑別診断等の基本のポイントから各種内科的疾患の眼底病変の典型像を鮮明な原色写真と,略同寸のモノクロ写真に赤インクで説明をつけたものを並べて,簡潔に解説した.白衣のポケットに入るサイズで,患者を診た直後に印象の淡れぬうちに見比べることが出来る. 序  全身疾患と眼底所見という課題は,われわれの医局の長い間の研究テーマの1つである.また,眼底写真についても,われわれはハード面,ソフト面,両方に,長年興味をもって来た.したがって,医局の眼底写真の収集もかなりな量になっている.今までも,眼底アトラスあるいは蛍光眼底アトラスを,このような資料をもとに,刊行して来たが,今回は,対象を全身疾患にしぼって眼底写真を集め,多数の医局員の分担執筆という形式で,医学生,眼科研修医さらに内科をはじめ臨床各科の医師の方々にお役に立つようにまとめてみた.  眼底検査は,医学の卒前,卒後教育において必須の研修項目であり,このアトラスでとりあげた眼底所見は,眼底検査の結果の読み方の修練に役に立つものと思っている.  また,高血圧や糖尿病など臨床において,眼底検査はその管理体系に必ず含まれる検査となっているが,その所見の意味づけを学ぶにもこのアトラスがお役に立てばと願っている.  本書の企画をはじめてから,刊行まで比較的短縮時日のうちに終了することができたのは,駿河台日大病院眼科医局の諸兄の努力によるところ大である.また,本アトラスの刊行に,種々御協力頂いた中外医学社荻野企画部長をはじめ関係各位にもお礼を申し上げたい. 平成3年7月 編集者 松井瑞夫    《目次》 目次 §1 検眼鏡の種類と選び方 〈湯沢美都子〉 1.検眼鏡の種類 1 2.直像検眼鏡と双眼倒像検眼鏡の特徴 2 3.検眼鏡の選び方 3 §2 検眼鏡の上手な使い方 〈湯沢美都子〉 1.直像検眼鏡 4 2.額帯双眼倒像鏡 7 §3 知っておきたい眼底所見 〈松井瑞夫〉 A.正常眼底 10 1.視神経乳頭 10 2.黄斑 10 3.網膜血管 11 B.視神経乳頭の生理的陥凹 12 C.網膜出血 14 D.網膜の白斑 20 E.乏血性浮腫 28 F.変性近視 30 G.緑内障性視神経陥凹と網膜神経線維束欠損 32 H.漿液性網膜感覚上皮剥離 34 §4 乳頭腫脹の鑑別 〈松井瑞夫〉 A.正常視神経乳頭所見 36 B.乳頭浮腫 38 C.急性乳頭浮腫 42 D.前部虚血性視神経症 44 E.遠視に伴う乳頭隆起 46 F.表在型視神経乳頭ドルーゼン 48 G.深在型視神経乳頭ドルーゼン 50 H.視神経乳頭メラノーシス 52 I.高血圧性視神経網膜症 54 §5 虚血性視神経症 〈佐藤幸裕〉56 §6 TERSON症候群 〈島田宏之〉60 §7 血圧亢進,動脈硬化と眼底変化 〈佐藤節〉64 A.SCHEIE分類とKEITH-WAGENER分類 64 B.高血圧眼底診断表 66 C.細動脈硬化性変化 68 D.腎性高血圧症 70 E.悪性高血圧 72 F.網膜細動脈の光輝小斑 74 G.網膜中心動脈閉塞症 76 H.網膜中心静脈閉塞症 78 I.網膜分枝静脈閉塞症 82 J.網膜細動脈瘤 84 §8 妊娠中毒症の眼底変化 〈佐藤幸裕〉86 晩期妊娠中毒に併発した漿液性網膜剥離 86 §9 続発性高血圧症の眼底変化 〈佐藤幸裕〉88 §10 人工透析と眼底変化 〈湯沢美都子〉90 §11 糖尿病性網膜症 〈佐藤幸裕〉92 A.単純性糖尿病性網膜症 92 B.前増殖性糖尿病性網膜症 96 C.増殖性糖尿病性網膜症 104 D.糖尿病性視神経症 114 §12 小児糖尿病の眼底所見 〈佐藤幸裕〉118 §13 血液疾患の眼底所見 〈田代忠正〉122 A.赤血球過多症の眼底変化 122 B.貧血性網膜症 124 C.白血病性網膜症 126 §14 血液粘性亢進網膜症 〈田代忠正〉128 §15 髄膜白血病の眼底所見 〈佐藤節〉132 §16 サルコイドーシス 〈麻生伸一〉138 A.サルコイドーシスの網膜病変 138 B.蝋様滲出物の多発例 140 C.雪玉状硝子体混濁を呈した典型例 142 D.視神経炎を呈した例 144 §17 BEHCET病 〈麻生伸一〉146 A.前房蓄膿性虹彩毛様体炎を呈した例 146 B.網膜ぶどう膜炎の例 148 C.網膜出血・滲出斑・静脈周囲炎を呈した例 150 D.BEHCET病の静脈炎 152 §18 原田病 〈麻生伸一〉154 §19 膠原病 〈湊ひろみ〉158 §20 高安病 〈麻生伸一〉166 §21 網膜色素線条症 〈湯沢美都子〉170 §22 転移性脈絡膜腫瘍 〈湊ひろみ〉178 §23 悪性黒色腫 〈湊ひろみ〉182 §24 悪性リンパ腫によるぶどう膜炎 〈萩田勝彦〉186 §25 真菌性眼内炎 〈佐藤幸裕〉194 §26 トキソプラスマ症 〈川村昭之〉198 A.先天性眼トキソプラスマ症 198 B.先天性眼トキソプラスマ症の再発 200 C.後天性眼トキソプラスマ症 202 §27 桐沢型ぶどう膜炎 〈川村昭之〉204 §28 先天代謝異常 〈萩田勝彦〉208 A.桜実紅斑 208 B.WILSON病 210 C.Neuronal ceroid lipofuscinosis(NCL) 212 §29.母斑症 〈島田宏之〉 A.VON HIPPEL-LINDAU病(小脳網膜血管腫症) 216 B.VON RECKLINGHAUSEN病(神経線維腫症) 226 C.BURNEVILLE-PRINGLE病 228 D.WYBURN-MAYSON症候群 230 索引 232