漢詩の歴史―古代歌謡から清末革命詩まで

個数:

漢詩の歴史―古代歌謡から清末革命詩まで

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 486p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784497205117
  • NDC分類 921

内容説明

ロマン溢れる中国詩精神の源泉『詩経』から、辛亥革命前夜、新時代の幕開けを告げる革命詩まで。詩人たちの個性、作品の魅力を壮大な詩史の流れに位置づけながら、作品への確かな批評眼を養う「漢詩の文学史」。

目次

中国の古代歌謡―北の『詩経』と南の『楚辞』と
楚声の歌と新詩型の発生―前漢時代
五言詩の定着―後漢時代
五言詩の個性化―後漢から魏・晋へ
貴族制社会の成立と五言詩の多様化―晋代
夕映えの貴族文学―南北朝時代
盛時到来―初唐・盛唐の詩
再生と変容の兆―中唐・晩唐の詩
外患と政争の中で―北宋の詩
抵抗の精神と郷土愛と―南宋の詩
伝統を守った人々―金・元の詩
古典志向と在野精神と―明代の詩
集大成、そして外圧による昂揚―清代の詩

著者紹介

宇野直人[ウノナオト]
昭和29年(1954)生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。共立女子大学国際文化学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)