海外企業買収 失敗の本質―戦略的アプローチ

個数:
電子版価格 ¥2,574
  • 電書あり

海外企業買収 失敗の本質―戦略的アプローチ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年03月02日 11時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 234p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784492533574
  • NDC分類 335.5
  • Cコード C3034

出版社内容情報

・なぜこんなにも失敗するのか?

買収から10年以上経った100億円以上の海外M&A116件を精査。
成功例は9件のみ、売却・撤退に至った案件は約半数の51件。
失敗案件の買収総額は2兆8000億円。

・数多くの失敗例を通じて見えてきた「失敗の本質」を整理して紹介!

失敗例8ケースから、失敗の本質を見極める。

1 時間を買う
2 世界市場占有率を高める
3 相乗効果(シナジー)を生む
4 現地の有能な経営者・技術者を獲得する
5 円高を利用する

こんな5つの利点にご用心。利点に潜む罠がある。

デューディリジェンスやバリュエーション、PMIは
「失敗しないための作業」であって、成功を約束するものではない。

など、思わず考えさせられる指摘が満載。

・日本企業の成功例9ケース、さらに130件以上の買収を実施して成果をあげた
IBMの事例も紹介。成功に共通の要因を見極める!

教訓1 目先の利点でなく利益成長の可能性でディールを評価する
教訓2 10年の時間軸で買収後の戦略を思考する
教訓3 現地で事業を紡ぐ/1つ買収したら、1つ捨てる

・重要なのは、買うときよりも買った後! 買収後の経営ビジョンの大切さがわかる。

序章 日本企業は海外M&Aをモノにできるか?

第1部 失敗の本質

第1章 5つの罠:海外M&Aの常識を点検する
第2章 日本企業の戦績:海外M&A116ディールの成否を判定する
第3章 売却、撤退した失敗ディール8ケース
第4章 失敗の本質を突き詰める

第2部 成功への戦い方

第5章 利益成長を実現した成功ディール8ケース
第6章 海外M&Aの手本:「現地企業」IBMの経営からヒントを得る
第7章 成功に向けてなすべきこと

第3部 教訓

終 章 3つの教訓 

【著者紹介】
松本 茂(マツモト シゲル)
SCS Global取締役、マネージング・ディレクター
1989年、関西学院大学商学部卒業後、大阪府に入庁、フルブライト奨学生として米国に留学。MBA取得後、プライスウォーターハウスクーパース・ディレクター、英HSBC投資銀行本部長などを経て現職。これまで15年間、M&Aアドバイザーとして、米国、英国、フランス、中国、ベトナムなど20カ国、50を超える海外企業とのクロスボーダー案件を助言。この間、神戸大学大学院経営学研究科で日本企業の海外M&Aを研究。2013年に博士号を取得。2015年より、早稲田大学大学院ファイナンス研究科非常勤講師を兼務。

内容説明

デューディリジェンス、バリュエーション、契約条件の交渉、ポスト・マージャー・インテグレーション。これらの作業は、成功を約束しない。成功した海外M&Aに共通する点とは?3つの視点で考える。

目次

日本企業は海外M&Aをモノにできるか?
第1部 失敗の本質(5つの罠―海外M&Aの常識を点検する;日本企業の戦績―海外M&A116ディールの成否を判定する;売却、徹底した失敗ディール8ケース;失敗の本質を突き詰める)
第2部 成功への戦い方(利益成長を実現した成功ディール8ケース;海外M&Aの手本―「現地企業」IBMの経営からヒントを得る;成功に向けてなすべきこと)
第3部 教訓(3つの教訓)

著者等紹介

松本茂[マツモトシゲル]
SCS Global取締役、マネージング・ディレクター。1989年、関西学院大学商学部卒業後、大阪府に入庁、フルブライト奨学生として米国に留学。MBA取得後、プライスウォーターハウスクーパース・ディレクター、英HSBC投資銀行本部長などを経て現職。これまで15年間、M&Aアドバイザーとして、米国、英国、フランス、中国、ベトナムなど20カ国、50を超える海外企業とのクロスボーダー案件を助言。この間、神戸大学大学院経営学研究科で日本企業の海外M&Aを研究。2003年に博士号を取得。2015年より、早稲田大学大学院ファイナンス研究科非常勤講師を兼務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。