データで読み解く中国経済―やがて中国の失速がはじまる

個数:
電子版価格 ¥1,584
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

データで読み解く中国経済―やがて中国の失速がはじまる

  • 川島 博之【著】
  • 価格 ¥1,980(本体¥1,800)
  • 東洋経済新報社(2012/11発売)
  • ウェブストア限定 全点ポイント5倍キャンペーン(6/24~6/28)※店舗受取はキャンペーン対象外※
  • ポイント 90pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年06月28日 18時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 307p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784492443927
  • NDC分類 332.22
  • Cコード C3033

内容説明

中国は「失われた20年」へ突入した!“奇跡の成長”が終わり中国は普通の開発途上国になる日本は長期的視点に立った対中戦略を構築せよ。

目次

序章 奇跡の成長とバブル
第1章 急速に少子高齢化する中国
第2章 中国はごく普通の開発途上国―投資額が異常に多いいびつな構造
第3章 成長から取り残される農民
第4章 都市住民は豊かになったのか
第5章 中国解剖図―奇跡の成長の“からくり”
第6章 中国共産党と国家
第7章 中国の「失われた20年」が始まった
第8章 日本への影響

著者等紹介

川島博之[カワシマヒロユキ]
東京大学大学院農学生命科学研究科准教授。1953年東京都生まれ。1983年東京大学大学院工学系研究科博士課程単位取得のうえ退学(工学博士)。東京大学生産技術研究所助手、農林水産省農業環境技術研究所主任研究官、ロンドン大学客員研究員などを経て、現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しんたろう

2
“食糧危機をあおってはいけない”同様の鮮やかなシステム分析手法による中国経済分析。人口動態と食糧生産分析からの市民農民革命の可能性の否定、所得分析による中国市場がMAX4億人の市場であるとの分析、国内投資分析による不動産バブルの指摘とその崩壊予測がデータに基づき冷静に指摘されている。兎に角クールで合理的で現実に即した説得力のある著作です。こんな人物に国家戦略作りの仕事をしてほしいと心から思います。2015/10/11

田山河雄

1
正直に言って消化不良で反発したい処もあります。第五章「中国解剖図」の図5-3と第六章の社会階層、図6-1は出色で初めて何か全体感の様なものに触れて眠気もぶっ飛みました。著者は中国学者・研究者ではなく農学関係の学者。著者自身の説明によれば不確実なデータから的確な判断を行うシステム分析、それを用いて食糧生産を研究する学者と云う。話は斬新ですっきりですが我が国の経済状況が中国依存という点はそうかなあ~ それはともかく、日本は中国以外のその他の国々への資本財供給国として発展し続ければ良いのではないでしょうか2017/06/17

mechan_biri

1
中国株への投資を検討するために読んでみました。 まず日本経済が中国に大きく依存していることを再認識した。 中国の経済が傾いたら、自分の雇用にも影響を及ぼす可能性がある(最悪は失業となる)、また所有している国内、海外の株式資産も値下がり、自分にとって最悪なシナリオに発展する可能性がある。 これ以上、中国依存を高めるのは危険なため中国株には手を出さないでおくという結論とする。2015/03/15

Yuto Sakai

1
中国の目覚ましい経済成長の原動力は、地方政府が農地転用に乗じて不当に得た資金による投資であった。しかしその奇跡的成長は行き詰まり、土地価格は異常なまで高騰するバブル状態にある、あるいはその崩壊は始まっている。一方で少子高齢化に突入しユースバルジのない中国が民主化する可能性は低い、と指摘。日本はバブル崩壊以降総輸出における中国への輸出額を増やしてきたが、その政策も見直しが必要である。 アカデミックな分析・文章とは言い難いが、その予想は当たっていると思われる。2015/05/02

kilroy

1
中国のバブルは崩壊し始めているようだ。金融システムがまっとうでないので表面化しづらいらしい(笑)日本企業の中国ビジネスに対するマーケティングの甘さがよくわかる1冊。先日読んだ農民国家中国の・・・と併読すると東アジア経済の先行きが見えるかも。2013/03/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5635776

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。