ディズニーリゾートの経済学 (新版)

個数:
電子版価格 ¥1,408
  • 電書あり

ディズニーリゾートの経済学 (新版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年07月06日 05時44分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 256p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784492314340
  • NDC分類 689.21
  • Cコード C0033

内容説明

発展を続ける巨大テーマパーク「儲かる仕組み」の真髄とは?ほかの企業の追随を許さないビジネスモデル(儲かる仕組み)のヒントがいっぱい詰まっている。

目次

Prologue 挫折なき発展と進化
1 ディズニーランドの「夢と魔法のレシピ」
2 夢とイマジネーションの海へ
3 「ディズニーリゾート」への進化
4 「西の大型テーマパーク」との対決
5 消費を誘う巨大装置
6 舞台裏のリアリストたち
7 「成熟消費社会」の経済学
Epilogue 「ディズニー」を受容する日本の異文化吸収力

著者等紹介

粟田房穂[アワタフサホ]
1940年神戸市生まれ。63年一橋大学商学部卒業、同年朝日新聞社入社。東京経済部、『週刊朝日』編集部等を経て、88~96年論説委員として社説・コラムを執筆。97年朝日新聞社退社。同年4月から2005年3月まで宮城大学事業構想学部教授。2006年4月から11年3月まで流通経済大学スポーツ健康科学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

定評あるロングセラーの全面改訂版。2013年4月に開業30周年を迎える東京ディズニーランド。常勝を続けている秘訣を探る。

2013年4月、東京ディズニーランドは開業30周年を迎える。累計入場者数は5億人を超え、日本人ひとりひとりが5回以上訪れたことになる。東京ディズニーリゾートは、世界に5つある「ディズニーパーク」のなかで、もっとも集客数が多く、収益世界一の遊園地ともいわれている。本書は、常勝を続けてきた東京ディズニーリゾートの戦略を解明し、これからどこへ向かおうとしているのかを探る。さらに、東京ディズニーリゾートがこれほどまでに日本人に受け入れられてきた時代背景、社会的要因をも分析し、成熟消費社会・日本の深層を考える。
 著者は、ロングセラー『ディズニーランドの経済学』(朝日文庫)の著者であり、ディズニーランドを経済的視点から分析した草分けとして知られる粟田房穂氏。

序章 挫折なき発展と進化
第1章 ディズニーランドの「夢と魔法のレシピ」
第2章 夢とイマジネーションの海へ
第3章 「ディズニーリゾート」への進化
第4章 「西の大型テーマパーク」との対決
第5章 消費を誘う巨大装置
第6章 舞台裏のリアリストたち
第7章 「成熟消費社会」の経済学
終章 「ディズニー」を受容する日本の異文化吸収力

【著者紹介】
粟田 房穂(アワタ フサホ)
元朝日新聞記者
1940年生まれ。63~97年朝日新聞社勤務。宮城大学事業構想学部教授、流通科学大学スポーツ健康学部教授を務める(現在は退官)。主な著書に、『円・ドル・マルク』(教育社、1976年)、『ディズニーランドの経済学』(共著、朝日新聞社、1984年)、『遊びの経済学』(PHP研究所、1986年)、『Jリーグ風──超消費社会の経済学』(ウェッジ社、1994年)等。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件