「婚活」現象の社会学―日本の配偶者選択のいま

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 249p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784492223031
  • NDC分類 367.4
  • Cコード C3036

内容説明

「婚活ブーム」の裏側で何が起きているのか!?格差時代における若者の意識と結婚行動の実態。

目次

序 「婚活」現象の広がりの中で
第1章 「婚活」現象の裏側
第2章 若者の交際と結婚活動の実態―全国調査からの分析
第3章 結婚仲人の語りから見た「婚活」
第4章 自治体による結婚支援事業の実態―そのメリットとデメリット
第5章 婚活ブームの2つの波―ロマンティック・ラブの終焉
第6章 誤解された「婚活」―婚活ブームを検証する
第7章 アメリカ社会から見た現代日本の「婚活」
終章 積み過ぎた結婚―日本の結婚の今後

著者等紹介

山田昌弘[ヤマダマサヒロ]
1981年、東京大学文学部卒業。1986年、東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。現在、中央大学文学部教授。専門は家族社会学。親子・夫婦・恋人などの人間関係を社会学的に読み解く試みを行っている。学卒後も両親宅に同居し独身生活を続ける若者を「パラサイト・シングル」と呼び、「格差社会」という言葉を世に浸透させたことでも知られる。また、「婚活」という言葉を世に出し、婚活ブームの火付け役ともなった。主な著書に『新平等社会』(日経BP・BizTech図書賞受賞、文春文庫)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。