健康に老いる―老化とアンチエイジングの科学

個数:
  • ポイントキャンペーン

健康に老いる―老化とアンチエイジングの科学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月18日 03時18分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 230,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784490208108
  • NDC分類 491.358
  • Cコード C0045

内容説明

老化学の権威が、「老い」のヒミツと「アンチエイジング」の真偽を科学の目で徹底解説。

目次

第1章 老化と寿命(“老化”と“加齢”は別もの;“老い”はいつから始まるのか ほか)
第2章 老いのメカニズム(細胞と生体高分子;細胞の老化 ほか)
第3章 基礎老化学からみる老年病(老化は病気?老齢病はなぜ起こる;もし三大死因を根絶できたら、寿命は? ほか)
第4章 老化を遅らせることはできるのか(抗酸化サプリメントは酸化を進める?;ホルモン ほか)
第5章 健康に老いるために

著者紹介

後藤佐多良[ゴトウサタロウ]
順天堂大学大学院スポーツ健康医科学研究所客員教授。専攻は薬学、生化学、分子生物学、基礎老化学、老年学。1941年、東京に生まれる。1970年、東京大学大学院薬学系研究科博士課程修了(薬学博士)、同薬学部助手。カロリンスカ研究所・パストゥール研究所博士研究員、東邦大学薬学部教授(現・同大学名誉教授)、東京大学医学部(老年病学教室)兼任講師、信州大学医学部客員教授などを歴任。現在、センメルワイス大学(ハンガリー)名誉博士・大学院客員教授、日本基礎老化学会理事、日本老年学会理事、東京都健康長寿医療センター研究所協力研究員なども務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)