研究事例で学ぶSPSSとAmosによる心理・調査データ解析 (第3版)

個数:

研究事例で学ぶSPSSとAmosによる心理・調査データ解析 (第3版)

  • ウェブストアに24冊在庫がございます。(2021年01月22日 18時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 301p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784489023354
  • NDC分類 417
  • Cコード C0040

内容説明

さまざまな統計技法の「あわせ技」で、1本の論文やレポートを構成するまでの道程を、6つの研究事例をもとにじっくり解説!

目次

第0章 データ解析の基礎知識―データを集める前に、まず知っておくこと
第1章 尺度構成の基本的な分析手続き―清潔志向性尺度の作成と男女比較
第2章 尺度を用いて調査対象を分類する―友人関係スタイルと注目・賞賛欲求
第3章 グループ間の平均値の差を検討する―恋愛期間と別れ方による失恋行動の違い
第4章 影響を与える要因を探る―若い既婚者の夫婦生活満足度に与える要因
第5章 潜在変数間の因果関係を検討する―5因子性格が自己愛傾向に与える影響
第6章 潜在曲線モデルを利用する―知能が算数の学習効果に及ぼす影響
第7章 Excel+Amos活用マニュアル―見やすい表の作成とパス図作成のための総覧

著者等紹介

小塩真司[オシオアツシ]
2000年名古屋大学大学院教育学研究科博士課程後期課程修了。博士(教育心理学)(名古屋大学)学位取得。2001年より中部大学人文学部講師、准教授を経て、2012年より早稲田大学文学学術院准教授を経て2014年より教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。