創元SF文庫<br> あがり

個数:
電子版価格 ¥750
  • 電書あり

創元SF文庫
あがり

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年10月18日 09時13分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 361p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784488745011
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

舞台は“北の街”にある蛸足型の古い総合大学。語り手の女子学生と同じ生命科学研究所に所属する幼馴染みの男子学生が、一心不乱に奇妙な実験を始めた。夏休みの研究室で密かに行われた、世界を左右する実験の顛末は。第1回創元SF短編賞受賞の表題作をはじめ、少し浮世離れした、しかしあくまでも日常的な空間―研究室を舞台に贈る、大胆にして繊細なアイデアSF連作全6編。

著者紹介

松崎有理[マツザキユウリ]
1972年茨城県生まれ。東北大学理学部卒。2010年、「あがり」で第1回創元SF短編賞を受賞。同作はデビュー短編ながら第42回星雲賞日本短編部門の参考候補作となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

【第1回創元SF短編賞受賞】 大胆にして繊細、理系女子の著者ならではの奇想SF連作集。〈北の街〉にある蛸足大学の研究室は今日もSFの舞台に。理科系のセンスに満ちたアイデア派の新鋭が贈る全6編。 文庫版では1作追加収録。