創元SF文庫 ウェルズSF傑作集 2<br> 世界最終戦争の夢―ウェルズSF傑作集〈2〉

個数:
電子版価格 ¥330
  • 電書あり

創元SF文庫 ウェルズSF傑作集 2
世界最終戦争の夢―ウェルズSF傑作集〈2〉

  • 提携先に4冊在庫がございます。(2022年01月19日 05時41分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 292p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784488607067
  • NDC分類 933.7
  • Cコード C0197

内容説明

第二次世界大戦を予見したかのごとき悪夢を描いた表題作「世界最終戦争の夢」のほか、怪奇生物譚として名高い「アリの帝国」「クモの谷」、植物怪談「めずらしい蘭の花が咲く」、文明批評譚「盲人の国」など、必読の12篇を収録。

著者等紹介

ウェルズ,H.G.[ウェルズ,H.G.] [Wells,H.G.]
1866年、英国イングランド生まれ。フランスのジュール・ヴェルヌと並んで「SFの父」とされる。代表作とされる「タイム・マシン」(1895)、『モロー博士の島』(1896)、『透明人間』(1897)、『宇宙戦争』(1898)、『月世界最初の人間』(1901)などをはじめ、現代SFの基礎となるアイデアの大半はウェルズが発案したものである。小説のみならず、歴史家としても『世界史概観』(1922)などの著作がある。社会活動家としても多くの業績を遺した。1946年没

阿部知二[アベトモジ]
1903年岡山県生まれ。1927年東大英文科卒。創作、論評、英米文学の紹介で活躍。著書多数。1973年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Tetchy

114
SFの父ウェルズだが、SFに囚われない作品群が集められた。ウェルズには独特のユーモアと云うかシュールさがある。この作家、どこかネジが1本外れているように思える。本書のベストは「盲人の国」。我々の当たり前が覆される様を見事に描いた作品だ。あとウェルズがSFの大家であることを感じさせるのが表題作で空を飛ぶ戦闘機械の件だ。1901年の作品であり、ライト兄弟による飛行機が誕生したのが1903年となんと2年も前のことだ。やはりウェルズは巨匠だ。SF以外の物語も一つも二つも抜きん出た創造力を発揮しているのだから。2021/08/29

ふみふみ

8
古典的な怪異談のような趣です。SFにするならアリもクモももっと景気良く巨大化させましょうですがそこは生物学者としての矜持なのかウェルヌの二番煎じは嫌と思ったのかは不明ですw。「海からの襲撃者」はクトゥルー神話のような印象を持ちました。怪物がミニダゴンって感じです。2021/02/06

gu

5
当時の価値観で書かれた作品ではあるが自分たちが世界と思いあがった人間が手痛いしっぺ返しを食らう話が多いのは辛辣な文明批評家ウェルズと言うべきか。(「で、おまえは世界へ出てきたのだね」ペドロがたずねた。/「世界からきたのさ」『盲人の国』)最初の数編を読んで、怪獣の出てこないウルトラQという言葉が浮かんだが、着ぐるみの大怪獣が出てこないだけで立派に怪獣小説だと思い直した。南米を制圧したアリの大群、血を吸う植物、人食い蛸。ヨーロッパの外に「驚異」がありえた時代の想像力。もっとけばけばしくなると香山滋かなと思う。2021/09/09

刳森伸一

5
第1巻の「タイム・マシン」のような超有名作は所収されていないし、現代SFのような派手さもないけれど、思わず読み入ってしまう短篇小説が並ぶ。特に「盲人の国」は色々と考えさせられる傑作。表題作の「世界最終戦争の夢」もいい。2016/09/23

へいへい

3
表題に惹かれたが、良かったのは「盲人の国」。SFにあまり詳しくないからかも知れないが、100年前の作品なのに古さを感じなかったのは凄いことだ。2020/12/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/401509

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。