創元推理文庫<br> 誰もわたしを愛さない

個数:
電子版価格 ¥715
  • 電書あり

創元推理文庫
誰もわたしを愛さない

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年10月20日 11時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 409p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784488459086
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

春の訪れとともに、担当編集者が変わった柚木草平。行きずりの犯行と思われる女子高校生殺人事件に気乗りがしないものの、原稿料アップにつられルポをひき受ける。メガネ美女の新担当、エッセイスト、おなじみ吉島冴子に娘の加奈子と、次々現れる美女に翻弄され、さらに女子高校生にも圧倒されつつ調査を進める柚木。哀しくも、周到に仕組まれた事件のからくりとは。シリーズ第六弾。

著者等紹介

樋口有介[ヒグチユウスケ]
1950年群馬県生まれ。國學院大學文学部中退後、劇団員、業界紙記者などの職業を経て、1988年『ぼくと、ぼくらの夏』でサントリーミステリー大賞読者賞を受賞しデビュー。1990年『風少女』で第103回直木賞候補となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

タックン

90
柚木草平シリーズ・夏海ちゃん初登場編。夏海ちゃんは初めから外連味のない草平へのツッコミに草平たじたじに笑えた。夏海ちゃんのキャラと相棒ぶりがいい味出してる。事件は王道の女子高生物っぽいけど終わり頃は少し違った感じ・・・。犯人は途中で変化球があったけど、やっぱこの作品の必然に落ち着くよねえ。それに伏線で始めからばればれ。でも動機と題名の意味がわからなかったから真相を知って驚いた。やっぱ悲しいし怖いと思った。ここでも草平ちゃんの周りは美少女と美女だからけで女性密度が高すぎるな。2017/02/28

七色一味

23
読破。作家読み、ですな。続けて読んでいると文体その他に飽きてくるんで、時々こうして集中して読むと新鮮な作家さんです(すみません、失礼なことを書きまして(-_-;))。個人的に、この作品の犯人への流れがついていけてませんでした。あれあれ?なんでそうなるの?的な感じです。なんで新人編集の彼女が、あのリストを欲しがったのか、その部分も疑問が残ったままでして…。どこか読み飛ばしちゃったのかしらん…。でも、このシリーズ好きなんですよね(と、媚び売っておく(笑))2015/06/10

みすまりも

13
前回読んだ同シリーズの作品は短編集で、柚木もほとんど出てこないあれれな読後感だったけど、この作品ではちゃんと柚木節健在(笑)口が達者な娘も出てくるし、相変わらず女性には気障なセリフ言うくせに翻弄されてるし、でしっかり楽しめました。肝心のミステリ部分はわりとあっさりで、筋書きも早めに読めてしまうのだけど、このシリーズの楽しみはそこだけじゃないので、ま、いいかな。2013/06/27

しろ

12
☆7 柚木が一応ルポライターだってことを思い出した。美人新担当の直海との絡みが面白かった。今作ではいつにもまして男が出てこない気がしたけど、美女パワーもそこまで感じなかったかな。真犯人にたどりつくまでの過程はさすがに面白かったし、どんでん返しもあったから良かったけど。このシリーズは一気に読み過ぎるとあれだから、いったん休憩入れて、しばらくしてからまた読みたいかな。しばらくするとまた柚木草平を見ていたくなってくる、なぜか。2012/07/02

klu

10
女子高生相手に大変な柚木さん。でも相変わらずモテますね2019/05/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/546200

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。