創元推理文庫<br> 夢の終わりとそのつづき

個数:
電子版価格 ¥605
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

創元推理文庫
夢の終わりとそのつづき

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月27日 00時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 346p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784488459079
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

刑事を辞めて八ヵ月。雑誌への寄稿で食いつないでいた俺・柚木草平を、絶世の美女が訪ねてきた。ある男を一週間尾行するだけの簡単な仕事に、二百万円もの報酬。買い食いしながら一日歩きまわるのを尾けていたところが、三日目に男は謎の餓死。死の直前まで、飲み食いしていたはずなのに―。アクロバティックな展開と会話の味が秀逸な、柚木草平“三十五歳”の事件。初文庫化。

著者等紹介

樋口有介[ヒグチユウスケ]
1950年群馬県生まれ。國學院大學文学部中退後、劇団員、業界紙記者などの職業を経て、1988年『ぼくと、ぼくらの夏』でサントリーミステリー大賞読者賞を受賞しデビュー。1990年『風少女』で第103回直木賞候補となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

七色一味

38
読破。ミステリー、ハードボイルド…あらら? おいおい(笑)こういう展開? こういう結末? ま、結末自体は置いておくとして、柚木草平の背景を知る、という点ではいいんじゃないかと。これは…まぁ、ちょっと長いがご愛嬌な作品ってことで(^O^;)2014/05/13

背番号10@せばてん

22
2008年1月3日読了。柚木草平シリーズ…に改悪した微妙な作品。逆効果と断ずるのは、私だけか。2008/01/03

ぶんぶん

14
【図書館】柚木草平シリーズとして予約したが習作の改稿版。 これは、シリーズに入れるべきか・・・疑問。 雰囲気を狂わしている、夢子のせいで事務所が改変、後に続くストーリーが無いから自由すぎる。 「ろくでなし」として、単独で成立するものだと思う。 「ろくでなし」もアイデアに困って出したというが、今回も困って全面改稿したのではないのか。 性格は似てても行動が全然違う、ハードボイルド感が、全くの他人。 「あとがき」を読んで、どうしようかなと思ったが、つくづく、読まなきゃ良かったと思う。2021/10/17

浮かれ帽子屋

12
柚木創平シリーズのなかでも予想の斜め上を行く異色の一冊。ミステリの展開もさることながら、舞台のスケールも大胆に大きい。謎の美女からの怪しい依頼。素姓の知らない男を尾行するだけで、多額の報酬金をくれるという。もちろん話がそれで済むわけがなく、柚木は常識外の事態へ巻き込まれて、いや、勝手に首を突っ込んでいくのだが。若かりし頃の柚木もいつもどうり相変わらずで、きれいな女性への正義感だけどういようもなく強くて、いや、もはや正義感とかじゃないんだろうけど。あれ、段々、柚木がどうしようもないやつに思えてきたな。2013/01/01

ジロリン

10
いつもの柚木草平シリーズとは、ちょっと違う肌触り。女性に対していつもはクチだけなのに、実際に手を出してしまう所とか、謎のオチの着け方が多少、いつもの「どこにでもありそうな日常」から浮いてるところとか…若き日の(笑)柚木草平の姿を垣間見ることができたのは楽しかった。2014/09/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/546198

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。