創元推理文庫<br> 影の歌姫〈下〉―セブン・シスターズ

電子版価格 ¥1,425
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

創元推理文庫
影の歌姫〈下〉―セブン・シスターズ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 448p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784488219086
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

度重なる衝撃に打ちのめされたアリーは、亡き父が遺してくれた座標に従い、極北の地ノルウェーに向かった。父が最後に聴いていたグリーグの『ペール・ギュント組曲』、父の書斎にアリーに宛てて遺されていたノルウェー語の伝記、すべてがアリーをベルゲンのグリーグ博物館へ導いた。そこでアリーは彼女の人生を大きく変えることになる人物に出会う。偉大な作曲家と歌姫の物語の謎が解けるとき、アリーの出生の秘密が明らかに……。

ルシンダ・ライリー[ルシンダ・ライリー]
著・文・その他

高橋恭美子[タカハシクミコ]
翻訳

内容説明

度重なる衝撃に打ちのめされたアリーは、父が遺した座標の示す、極北の地ノルウェーに向かった。父が最後に聴いていたグリーグの『ペール・ギュント』組曲、アリー宛てに遺されていたひとりの歌姫の伝記、すべてが彼女をベルゲンのグリーグ博物館へと導く。偉大な作曲家と歌姫の物語の謎が解けるとき、アリーの出生の秘密が明らかに!謎に満ちた姉妹の運命を描く傑作シリーズ。

著者等紹介

ライリー,ルシンダ[ライリー,ルシンダ] [Riley,Lucinda]
アイルランド生まれ、イングランドで女優として活躍。24歳で最初の作品を発表するやたちまち評判に。作品は30を超える言語に翻訳され、世界中で1000万部を売り上げている。サンデー・タイムズとニューヨーク・タイムズのベストセラー作家でもある

高橋恭美子[タカハシクミコ]
関西外国語大学外国学部卒。英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

キムチ27

50
下巻に入り 個人的に流れの展開が失速の感 否めなかった。イェンスは予測通りのグダグダ、見苦しい展開。アンナに対するアリーの想いは当然。後半で語られるその辺の事情に納得いかず。詰まる所、アンナの男を見る目の問題ね。後に続く子孫もネタ作りのキャラが何やらあって 御愛嬌。グリーグの下半身の話も絡んだ辺りは 話がややこしくなっているだけ 全く面白み無。上下2冊読み 平均点がかなり下落。冒頭 事故死した?パ・ソルトの真実も先送り、3人目養女話が浮上。続く話は 期待できるかな・・それより、私の気持続くかな。2020/09/10

星落秋風五丈原

29
ちょうど映画『ヒトラーに屈しなかった国王』を見てたのでノルウェーの第二次大戦の立ち位置がよくわかった。2020/08/03

キクチカ いいわけなんぞ、ござんせん

22
セブンシスターズの次女アリーの出生の秘密がノルウェーで明かされていく。しかも四代前に物凄い出生の秘密が!羨ましい出自である。しかも周囲の男性が皆イケメンで個性的。コンラン氏に似てドラマチックなストーリー。早く三女スターの話が読みたい。2018/08/12

ふぃすか

8
一作目でも言った気がするけど、こうかな?と思った方向に物語が進む話も悪くない。きちんと描写されてるから予測がつきやすいんだろうな。強いて隠そうとしていないというか。むしろ、何で気付かない…と時々登場人物につっこみたくなるレベル。ネタバレ家系図ですが、不幸の香りしかしない部分を読む前に心の準備ができてありがたかったかも。他の人たちは大丈夫そうなので、どうにも危ういフェリクスさんがちゃんとやっていけることを祈っておく。一言で言うと「家族が増えた話」って感じのアリーの物語でありました。2018/08/04

Abercrombie

4
ひたすら重苦しかった上巻に比べると、拍子抜けするほどあっさり。アンナとその孫ピップの物語も、辛くなる前に終わる長さだったし。生きる気力をなくしたアリーがノルウェーで掴む新たな絆。ちょっと都合良く行きすぎるところはあるけど、爽やかな結末はとても良かった。しかし、ウィレム・カスパリは何しに出てきたんだろう? 新たな恋人候補と思わせておいてほったらかし。まあイケメンピアニストなぞどうにでもなれ!である。2019/11/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12916463

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。