流浪の月

個数:

流浪の月

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月14日 12時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 313p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784488028022
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

あなたと共にいることを、世界中の誰もが反対し、批判するはずだ。わたしを心配するからこそ、誰もがわたしの話に耳を傾けないだろう。それでも文、わたしはあなたのそばにいたい――。再会すべきではなかったかもしれない男女がもう一度出会ったとき、運命は周囲の人間を巻き込みながら疾走を始める。新しい人間関係への旅立ちを描き、実力派作家が遺憾なく本領を発揮した、息をのむ傑作小説。

内容説明

あなたと共にいることを、世界中の誰もが反対し、批判するはずだ。わたしを心配するからこそ、誰もがわたしの話に耳を傾けないだろう。それでも文、わたしはあなたのそばにいたい―。再会すべきではなかったかもしれない男女がもう一度出会ったとき、運命は周囲の人を巻き込みながら疾走を始める。新しい人間関係への旅立ちを描き、実力派作家が遺憾なく本領を発揮した、息をのむ傑作小説。

著者等紹介

凪良ゆう[ナギラユウ]
滋賀県生まれ。“小説花丸”2006年冬の号に中編「恋するエゴイスト」が掲載される。翌年、長編『花嫁はマリッジブルー』で本格的にデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ろくせい@やまもとかねよし

1828
切ない物語。「事実と真実はちがう」が骨子。事実はそれ以上でも以下でもない。一方真実はその事実を捉える際、正悪や醜美など判断が付帯。つまり同じ事実でもその真実は十人十色のはず。しかし社会正義という無根拠な同調圧は歪んだ真実性を形成すると指摘。主人公たちは、社会不条理もあり、自虐的に、「己への嫌悪と羞恥と恐れ」に囚われる。しかし同時に孤独へ恐怖する。そんな彼らが発する肉体や実体を超えた利他的想いを「愛や恋愛では表せない好き」だと表す。人間は孤独だが、理性では解せない利他的調和を形成できると提案するのか。2020/07/05

ヴェネツィア

1733
ライトノベルからの飛躍を期した力作だと思うが、文体表現にその名残が見えるようだ。とりわけ、それは会話文に顕著であるように思われる。もっとも、ライトノベルを読んだことがないので、正確にはそんな気がすると言うべきか。ただ、セックスを一切介在させない更紗と文の関係性のあり方は、ライトノベルならではの良さとして機能しており、これが人気作であることも大いに首肯できる。なお、エンディングはこれでないと多くの読者は納得しないだろうが、私は「彼のはなし1」で終わった方が、より余韻を残したのではないかと思う。2021/12/15

ウッディ

1613
居場所のない少女と大学生、幼女誘拐事件として被害者と加害者になる更紗と文。けれど、その時一緒にいることで、二人は確かに自由で幸せだった。「何も言わなくても、大丈夫だから」善意というおせっかいで本当のことを解ってもらえないもどかしさ、被害を受けていないのに、被害者と加害者として、好奇の目に晒され続ける理不尽さが、読んでいてもどかしく辛かった。常識の枠から少し外れた愛かもしれないが、更紗と文を結び付けていたのは確かに愛だったと思う。やっと読めた本屋大賞の本作は、自分の心の奥に何かを刻んだ一冊になりました。2020/08/16

nanako

1613
ここ数年の本屋大賞受賞作とは作風がかなり違い、少し戸惑いました。この作品が合わないわけではないのですが、勝手に「そして、バトンは渡された」や「かがみの孤城」「蜜蜂と遠雷」的なテイストの話を読むモードで読み始めてしまったので、じっくり話に入り込みづらかったです。「彼が本当に悪だったのかどうかは、彼と彼女にしかわからない」「真実と事実は違う」…ほんと、そうなんだと思います。悲しいことに、世の中、無責任で悪意を持った詮索、干渉、をする人が多いですよね。時間をおいて、また読んでみたいと思います。2020/04/26

starbro

1588
新型コロナウィルス対策購入シリーズ第62弾、6月の第一作は、本屋大賞受賞作『流浪の月』です。図書館の予約を待ちきれず、ようやく読めました。凪良 ゆう、2作目、本屋大賞的なほのぼのとした作品かと思いきや、半分ホラーのような異色のラブ・サスペンスの秀作でした。本屋大賞受賞も納得、これからも凪良 ゆうの新作を読みたいと思います。 https://special.tsogen.co.jp/rurounotsuki2020/06/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14094683

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。