社会人としての言葉の流儀

個数:
電子版価格 ¥1,209
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

社会人としての言葉の流儀

  • ウェブストアに36冊在庫がございます。(2016年12月11日 15時44分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 191p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784487810093
  • NDC分類 914.6

内容説明

文は人なり。言葉には品性から教養まで全てがあらわれる。

目次

第1章 禁句(謹啓NHKニュースキャスター様;「鳩山病」に御用心 ほか)
第2章 大違い(イチローの言語能力に脱帽;「手ブラはまずい」は泣かせるね ほか)
第3章 自分の言葉(空気は読めない;プロ野球コミッショナーに告ぐ ほか)
第4章 違和感(英語ができてもバカはバカ;「認識」「違和感」に違和感あり ほか)
第5章 言葉の格(「ひもとく」は神棚に飾れ;国会に蔓延する「しっかり病」 ほか)

著者紹介

川村二郎[カワムラジロウ]
1941年11月、東京生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。64年、朝日新聞社に入社。70年、東京本社社会部。75年、『週刊朝日』編集部員。82年、『週刊朝日』副編集長。89年、編集長。91年、朝日新聞編集委員。2001年、定年退職。二年間嘱託の後、日本医師会広報委員、日本語検定委員会審議委員(現・顧問)、学習院生涯学習センター講師を務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「週刊朝日」編集長、朝日新聞編集委員などを務めた著者が、変わってはいけない日本語の神髄を説く、全ての世代におくる日本語読本。現役記者時代に、井上ひさし、大岡信、大野晋、丸谷才一ら当代一の作家と交わり、日本語の的確な使い方を教わってきた著者が、変わってはいけない日本語の神髄を説く、全ての世代におくる日本語読本。

川村二郎[カワムラ ジロウ]

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件