アートと社会

個数:
  • ポイントキャンペーン

アートと社会

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 20時04分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 199p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784487809998
  • NDC分類 704

内容説明

アート×政治・経済・まちづくり。絵画、音楽、建築など12名の識者がアートと社会を語る慶應義塾大学の人気講座。

目次

第1部 アートと社会(アートの力と文化の役割;アジア経済とアート;共感の時代の建築へ;パトロネージの歴史―作品の大きさに見るアートと社会;江戸期の浮世絵と、その享受)
第2部 社会とアート(国際関係とアート;オペラが国際化に果たす役割;邦楽の魅力と音楽の力;テクノロジーとアート―一九九〇年代末ころの日本のメディア・アート状況から、現在へ;政治とアート―「戦争と芸術」;ソーシャル・インクルージョンとアート―横浜・寿町における心の貧困を包摂するアート活動の取り組み)

著者紹介

竹中平蔵[タケナカヘイゾウ]
慶應義塾大学総合政策学部教授、グローバルセキュリティ研究所所長、博士(経済学)。和歌山県出身。1973年一橋大学経済学部卒業後、日本開発銀行設備投資研究所、ハーバード大学客員准教授、慶應義塾大学教授などを経て、2001年より経済財政政策担当大臣、郵政民営化担当大臣などを歴任した。現在、政府の産業競争力会議・国家戦略特別区域諮問会議メンバーである

南條史生[ナンジョウフミオ]
森美術館館長。東京都出身。慶應義塾大学経済学部、文学部哲学科美学美術史学専攻卒業。国際交流基金等を経て2002年より森美術館副館長、2006年11月より現職。過去にヴェニス・ビエンナーレ日本館(1997)及び台北ビエンナーレ(1998)コミッショナー、ターナープライズ審査委員(ロンドン・1998)、横浜トリエンナーレ(2001)、シンガポール・ビエンナーレ(2006、2008)アーティスティックディレクター等を歴任した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

アートが社会に、社会がアートに果たしてきたこととは? 慶應義塾大学で過去に開講された人気講座の内容を一冊に収録。

アートが社会に、社会がアートに果たしてきたこととは? 

「アートとは何か」をテーマに、慶應義塾大学で過去に開講された人気講座の内容を一冊に収録。
絵画、音楽、建築など各分野の識者12名が様々な視点でアートを語る。
日本を代表するキュレーター南條史生(森美術館館長)や飯田高誉(’森美術館理事)らも寄稿。
一人ひとりの考えるアートと社会のあり方を問い直す。

~豪華執筆陣~

近藤誠一(第20代文化庁長官、近藤文化・外交研究所代表)
小林博人(慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科教授)
渡部葉子(慶應義塾アート・センター教授、キュレーター)
内藤正人(慶應義塾アート・センター所長、同大学文学部教授)
渡辺靖(慶應義塾大学環境情報学部教授)
福水託(公益財団法人東京二期会事業計画最高責任者)
西陽子(筝曲家)
畠中実(NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]主任学芸員)
飯田高誉(森美術館理事、キュレーター)
河本一満(寿オルタナティブ・ネットワーク総合プロデューサー)