システムの思想―オートポイエーシス・プラス

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 285p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784487797790
  • NDC分類 461.04
  • Cコード C0010

内容説明

生命の誕生と進化、知覚と行為、情報と社会、精神と身体、芸術と科学…多彩な知のフィールドと最新のシステム理論が接続し、オルタナティヴな思想の地平が現前する。西垣通・池田清彦・佐々木正人・松野孝一郎・信原幸弘・新宮一成・前田富士男・勅使川原三郎とのスリリングな対話の軌跡。

目次

システムの定義(構想 システムの時代―みずから自身を形成するよう、継続可能なように行為せよ;射程 第三世代システム=オートポイエーシスとは何か)
システムの科学(進化 進化のシステム―創発的進化論の構想;身体・環境 アフォーダンスとオートポイエーシス―知覚と行為をめぐって;生命 内部観測とオートポイエーシス―生命の起源を探る ほか)
システムの実践(美術 芸術における身体―ポイエーシスからオートポイエーシスへ;身体表現 ダンス―世界と相即する身体運動のシステム)

著者等紹介

河本英夫[カワモトヒデオ]
1953年、鳥取県生まれ。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。現在、東洋大学文学部教授。専門は、科学論・システム論
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。