司馬遼太郎の平和観―『坂の上の雲』を読み直す

個数:

司馬遼太郎の平和観―『坂の上の雲』を読み直す

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年06月20日 12時52分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 239p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784486031345
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0036

内容説明

『坂の上の雲』をきちんと読み直すことは、「他国」の「脅威」を強調し、「自国の正義」を主張して「愛国心」などの「情念」を煽りつつ「国民」を戦争に駆り立てた近代の戦争発生の仕組みを知り、「現実」としての「平和」の重要性に気づくようになる司馬の歴史認識の深まりを明らかにするためにも焦眉の作業だと思えます―日露戦争を問い直す。「司馬史観」の深化と『坂の上の雲』。

目次

序章 『坂の上の雲』と「司馬史観」の深化
第1章 「国民国家」の成立―自由民権運動と明治憲法の成立
第2章 日清戦争と米西戦争―「国民国家」から「帝国」へ
第3章 三国干渉から旅順攻撃へ―「国民軍」から「皇軍」への変貌
第4章 旅順艦隊の敗北から奉天会戦へ―ロシア帝国の危機と日本の「神国化」
第5章 勝利の悲哀―「明治国家」の終焉と「帝国」としての「皇国」
終章 「愛国心」教育の批判―新しい「公」の理念

著者等紹介

高橋誠一郎[タカハシセイイチロウ]
1949年二本松市に生まれる。東海大学文学部修士課程修了。東海大学外国語教育センター教授。日本ペンクラブ会員
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。