福祉がいまできること―横浜市副市長の経験から

個数:

福祉がいまできること―横浜市副市長の経験から

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000246439
  • NDC分類 369
  • Cコード C0036

内容説明

子育て支援、虐待される子どもの保護、ニートやフリーターの若者たちへの就労支援、独居老人のケア―少子高齢化が進む中、都市部では従来型の福祉政策では対応できないニーズが急増している。横浜市副市長として様々な問題に取り組んできた著者が、市民やNPO、そして行政それぞれの良さを活かした協働の試みを紹介し、新しい社会的ケアとそれを通した地域再生の可能性を提言する。

目次

第1部 子育て支援の現場から(子育て支援は必要なの?;保育園を増やす;子育て支援の主人公は誰?―地域子育て支援拠点;地域で支えあえる関係になれる?―子育てサポートシステム;世代を超えてわかりあえる?;公園は誰のもの?―プレイパーク;子どもの遊びとケガ―リスクとハザード;深刻化する虐待―養育支援が必要な親の増大)
第2部 急速に変貌する地域(若者たちに居場所と役割を;寿―日本の近未来;増加する在住外国人)
第3部 急増する福祉ニーズと逼迫する予算(伸び悩む予算;つながりの再構築)

著者等紹介

前田正子[マエダマサコ]
1960年大阪生まれ。1982年早稲田大学教育学部卒業。松下政経塾研究員などを経て、1992年から1994年まで、生後半年の息子を連れて米国ノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院に家族で留学。そこで米国の保育事情を体験、国後の94年から2003年3月までライフデザイン研究所(現第一生命経済研究所)で、自らも働く母親の立場から保育制度や育児支援策などの研究に従事。この間に慶應義塾大学にて商学博士号取得。2人目の子どもの育児休業が明けた2003年4月より2007年3月まで横浜市副市長。研究の成果を活かして、こども青少年局を立ち上げるなど子育て支援をはじめ福祉政策全般の整備を進めた。現在、(財)横浜市国際交流協会理事長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

小島輝彦

6
虐待の問題。加害者だけの問題ではなく、地域や社会の問題でもあると思う。子供が幸せに生きていける社会にしていきたい。

Naoki

0
元横浜副市長の前田正子先生の本。保育所問題、若者無業者支援、生活保護などの福祉トピックを横浜を舞台に学べる。特に三大ドヤ街の寿「労働者の街から福祉の街」の話は関心を持った。大きい政府に対して否定的な考えを持っていた。しかし、経済的社会的弱者を生み出した責任は、個人だけにあるものではないと感じた。2013/11/07

gassy

0
横浜を通して、日本社会について学べる2010/02/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/51455

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。