ベルリンの壁―ドイツ分断の歴史

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 283p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784903127170
  • NDC分類 234.075
  • Cコード C0022

内容説明

なぜ人びとは壁に慣れてしまったのか?その壁がどうして、1989年に倒れたのか?建設から倒壊までの、冷戦期の壁の歴史を、壁のことをよく知らない若い人にむけて、簡潔かつ明瞭に解き明かす。

目次

壁にむける視線
衝撃―壁建設、一九六一年八月一三日
前史―壁建設への道
安堵―西側と壁建設
壁による閉じ込め―「沈静化要因」としての壁
人狩り―逃亡の成功と失敗
うそ―「反ファシズム防壁」
立派な外観―壁緊張緩和の時代の壁
終わりのはじめ―東ブロックの不穏な情勢、新冷戦
世界最長のカンバス―ポップ・アートの壁
自陣営内の敵―ドイツ社会主義統一等とミハイル・ゴルバチョフ
世界を揺るがした出来事―一九八九年、壁の倒壊
壁の消滅と記憶へ―壁が後に残したもの
現代世界における壁

著者等紹介

ヴォルフルム,エトガー[ヴォルフルム,エトガー][Wolfrum,Edgar]
1960年生。現在、ハイデルベルグ大学の歴史学教授。第二次世界大戦後のドイツ現代史が主たる専門領域で、ドイツ歴史学界の第一線を占める研究者のひとりである

飯田収治[イイダシュウジ]
1938年生。大阪市立大学名誉教授。京都大学大学院・文学研究科博士課程単位取得退学。専門はドイツ近代・現代史

木村明夫[キムラアキオ]
1942年生。関西学院大学大学院・大学院研究員。関西学院大学大学院・文学研究科後期博士課程単位取得退学。専門はドイツ現代史

村上亮[ムラカミリョウ]
1981年生。関西学院大学大学院・研究科研究員。関西学院大学大学院・文学研究科後期博士課程修了。専門は近代ハプスブルク帝国史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

なつき

2
ベルリンの壁前夜から崩壊後まで。読み物としてより研究書として活用できる1冊。時系列にそって書かれているので、読みやすくはないが理解しやすい。エピローグ的に書かれていた世界の壁について知りたくなった。キプロスを巡ってトルコとギリシアが争っているのは知っていたが、分断されているとは知らなかった。2013/03/14

takao

0
ドイツ分断の歴史だな。2017/08/02

ユコリロ

0
ドイツの若者でさえ自国の歴史に疎くなってきているため、近現代史家が書いたベルリンの壁の歴史。とは言っても、ある程度の素養は必要で、私のようなドイツ史をほとんど知らない者にとっては、読むのに時間と根気がいりました。近年の、東ドイツへの懐古主義に対して危機感をもっているような語気の鋭さがあり、やはりコントロール下にある自由だったのだなということ、また、それから逃亡しようとした人たちの姿が印象深く残りました。同じ民族なのに、分断の歴史がまだ不可視的な部分で、でもくっきり溝を残しているのは、なんとも言えないです。2013/10/10

長岡崇

0
ベルリンの壁の崩壊後は誰もが自由なユートピアになっただろうか。まだなお残るアメリカ-メキシコ間の壁やイスラエルの分離壁のような物理的な壁。貧富や文化における心の壁。私は、人々を隔てている壁をなくしたい。2018/06/17

yasu7777

0
★★★☆☆2018/04/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5934929

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。