イラストでみるはるか昔の鉄を追って―「鉄の歴史」探偵団がゆく

個数:
電子版価格 ¥2,640
  • 電書あり

イラストでみるはるか昔の鉄を追って―「鉄の歴史」探偵団がゆく

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月24日 07時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 190p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784485300442
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C0021

目次

序章 考古学ってなんだろう?
1章 暮らしを支えている鉄の道具
2章 鉄の性質を知ろう―鉄の化学と基礎知識
3章 昔ながらの鉄づくりとは―「たぬき谷たたら」絵巻
4章 鉄製品ができるまで―鍛冶と鋳造
5章 「かなくそ」は語る―昔の産業廃棄物から分かること
6章 炉跡から何が分かる?―鉄づくりの現場検証
7章 分析調査で探る昔の鉄づくり―ミクロの世界をのぞいてみれば

著者等紹介

鈴木瑞穂[スズキミズホ]
茨城県出身。明治大学文学部史学地理学科考古学専攻卒業。国学院大学大学院文学研究科歴史学専攻。博士前期課程修了(修士)。現在、株式会社九州テクノリサーチに勤務。同TACセンターにて、遺跡から出土する鉄や銅などの金属製品や、金属生産にかかわる遺物の分析調査に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

那由田 忠

4
 イラストがかわいいが、著者が書いたもの。鉄の性質を熟知していないと十分な理解ができない。到底追いつけないが、面白さは少し見えたか。製鉄研究に熱中するオタク考古学者がいるというのが面白かった。  砂鉄ばかりで鉄づくりが行われたというのが他国の関連で考えて不思議だ。2013/12/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/625698

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。