アイデアのつくり方

個数:

アイデアのつくり方

  • 提携先に12冊在庫がございます。(2022年08月12日 08時47分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 102p/高さ 18X12cm
  • 商品コード 9784484881041
  • NDC分類 674
  • Cコード C0030

内容説明

60分で読めるけれど一生あなたを離さない本。《アイデアをどうやって手に入れるか》という質問への解答がここにある。

目次

この考察をはじめたいきさつ
経験による公式
パレートの学説
心を訓練すること
既存の要素を組み合わせること
アイデアは新しい組み合わせである
心の消化過程
つねにそれを考えていること
最後の段階
2、3の追記

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

徒花

314
すんごく短いし、いま読むとほかのアイデア本で書かれている内容ばかりではあるが、アイデアを作り出すうえで基本となるポイントがすごく端的に書かれている名著。重要なのはとにかくインプットを増やすこと。いまとなっては当たり前のことではあるが、アイデアは既存の要素の組み合わせでしかないというのは真理だろう。アイデアが必要な仕事をしているすべての人は読んでおいて損はない一冊。解説などが3分の1ほどを締められているが、これはかえって蛇足でしかないような気はするが。2017/08/14

KAZOO

138
この本はどなたか高名な方が推薦しておられるのを読んで、購入したもので積読状態でした。薄い本で字も大きいのでいつでも読めると思っていたのかもしれません。竹内均先生の解説が5分の2くらい占めているので本文は本当にポイントのみを説明してくれてかえって頭に残る気はします。読んだからといってすぐアイデアが出るわけではないのですが少しは参考になるきがしました。2015/11/16

Yuki

89
【再読】研究、企画、芸術等の分野で生みの苦しみの中にいる方にオススメです。アイデアは「既存要素の新しい組み合わせ」であり、訓練次第で誰でも生み出せると著者は述べています。既存要素を組み合わせるにはそれらの「関連性」を見つければよく、この関連性を素早く発見できれば有用なアイデアがどんどん生み出せるそうです。「一般教養はどんなアイデアを生む際にも必要な既存要素であり、資料として生涯収集し続ける価値がある」という提言は非常に興味深いです。才能がなくても努力次第でアイデアは作れるという言葉に勇気づけられました。2017/02/19

コットン

68
アイデアを作り出すのは大変だけれど、べーシックでシンプルなのでそれなりに着眼点を広く深く絞っていけば誰でも出来そうで参考になる。2019/03/03

momogaga

68
アイデアを作るためには、仕込が大切ということが力説してあった。これからも良書を読んで、アイデアの素を集めていきます。2014/11/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/104675

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。