読んでいない本について堂々と語る方法

個数:
  • ポイントキャンペーン

読んでいない本について堂々と語る方法

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年09月21日 18時37分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 235p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784480837165
  • NDC分類 019.04
  • Cコード C0098

内容説明

欧米で話題沸騰“未読書コメント術”。本は読んでいなくてもコメントできる。いや、むしろ読んでいないほうがいいくらいだ…大胆不敵なテーゼをひっさげて、フランス論壇の鬼才が放つ世界的ベストセラー。これ一冊あれば、とっさのコメントも、レポートや小論文、「読書感想文」も、もう怖くない。

目次

1 未読の諸段階(「読んでいない」にも色々あって…)(ぜんぜん読んだことのない本;ざっと読んだ(流し読みをした)ことがある本
人から聞いたことがある本 ほか)
2 どんな状況でコメントするのか(大勢の人の前で;教師の面前で;作家を前にして ほか)
3 心がまえ(気後れしない;自分の考えを押しつける;本をでっち上げる ほか)

著者等紹介

バイヤール,ピエール[バイヤール,ピエール][Bayard,Pierre]
パリ第八大学教授、精神分析家

大浦康介[オオウラヤススケ]
京都大学人文科学研究所教授。専門は文学・表象理論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

読んだことのない本について意見を聞かれ、「読んでいない」と言いにくいとき、どうすればいいか。フランス論壇の鬼才が具体的方法までを明かす未読書コメント術。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件