• ポイントキャンペーン

食べない人

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784480814807
  • NDC分類 914.6

内容説明

「四季の味」連載の小品と、著者自らが体験した留置所の臭いメシ、その顛末を描いた短編「暗い部屋」などを収録。旧制高校や海軍など、青春時代の懐かしく、ほろ苦くも甘美な味、そして人生の老いとともに、食べることがエロスに満ちた行為となってくるさまを、気品ある文章で描いた名品集。

目次

第1部(無頼派と巨匠と;紅萌ゆる;懐しきカイグン;雪の大つごもり)
第2部 暗い部屋―青森水上警察署

著者紹介

青山光二[アオヤマコウジ]
1913(大正2)年、神戸市生れ。東京大学文学部卒。旧制三高在学中から小説を書きはじめ、東大在学中の’35(昭和10)年、同人誌「海風」を創刊する。織田作之助、太宰治ら無頼派作家と厚い友誼を結んだ。戦後は「近代文学」等に拠って創作活動をつづけ、任侠小説の分野で新境地をひらいた。’80年『闘いの構図』で平林たい子文学賞受賞、2003(平成15)年「吾妹子哀し」で川端康成文学賞を受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)