• ポイントキャンペーン

マゾヒストMの遺言

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 307p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784480814524
  • NDC分類 914.6

内容説明

地を這い蹲りながら、欲望と権力と、そして歴史の深い傷痕とを凝視し続けた、最後の戦中派、諦念の遺言。書き下ろし多数収録。

目次

『家畜人ヤプー』について
神話としての八月十五日
哀しむべし男の性、慰安婦強制は当然あり得た
暴力と法律とどちらが強い?
世間の好奇心という名のサディズム
言っても詮なきことながら
他界への献身
正義と仁侠
9・11戦争
康夫と慎太郎〔ほか〕

著者紹介

沼正三[ヌマショウゾウ]
1926(大正15)年、福岡市生まれ。本名、天野哲夫。旧制福岡商業を卒業後、満州特殊鋼鉄株式会社という鉱山会社に就職。敗戦を前に帰国、海軍に入隊。復員後は、闇屋をはじめ私立探偵など数々の職業を遍歴し、1967(昭和42)年に新潮社に入社。1992(平成4)年、定年退職するまで、同社校閲部に勤務しながら、小説・エッセイを書き続ける。1956(昭和31)年12月から二十回にわたって「奇譚クラブ」誌に未来幻想マゾ小説『家畜人ヤプー』を連載。戦後最大の作品として、三島由紀夫が愛読、出版を強くすすめたことをきっかけに、渋沢龍彦、奥野健男らをはじめとする多くの作家・文化人に絶賛された

出版社内容情報

真なるもの、美なるものへ近づきたしと思えど、そはあまりに遠く怖ろし。せめて贋なる服を見栄えよく着こなし、素知らぬ体に生きる他に道なし――Mの諦念の書。書き下ろし多数。