私の中のシャルトル

  • ポイントキャンペーン

私の中のシャルトル

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784480812834
  • NDC分類 914.6

内容説明

在仏25年の経験から醸成された、フランスと日本の言語・文化への透徹した観照。ゆるやかに思考を辿る外国人(とつくにひと)が織りあげる豊潤なエッセイ。森有正への深く優しい随想を配す。現代日本へのたおやかな衝撃。

目次

序にかえて―「もし実人生においても…」
光としての言語
ある友情の表現―『ジッド=ヴァレリー往復書簡』の底流
夏の日の感想―地中海の光と「東条証言」
死・行為・言葉―モーリス・パンゲ氏に
アンビヴァロワール―または両価性を生きる
模倣と創造―パリ「の前衛芸術の日本」展をめぐって
バイユー散策―自由と運命
知と笑い
エクアン妄想―肉体と魂
私の中のシャルトル
ニコラ・プッサンとの出会い―生きているフランス古典主義
開かれた終り
森有正の歩み
詩人が言葉をうしなうとき―『日記』以後の森さんのこと
強くまた優しい人格の結晶
森有正「仏文日記」の語るもの
母国語は宿命か―森有正と小林秀雄