ちくま評伝シリーズ〈ポルトレ〉<br> 魯迅―中国の近代化を問い続けた文学者

個数:
電子版価格 ¥1,134
  • 電書あり

ちくま評伝シリーズ〈ポルトレ〉
魯迅―中国の近代化を問い続けた文学者

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年03月25日 19時09分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 172p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784480766328
  • NDC分類 K920

内容説明

「水に落ちた犬は打て」「私は人をだましたい」あの『故郷』の作家は、私たちに何を突きつけるのか。

目次

第1章 幻灯事件
第2章 没落読書人の子
第3章 日本留学
第4章 革命、そして沈黙
第5章 『狂人日記』
第6章 民族魂
巻末エッセイ 「日本でこそ、魯迅は読まれなければならない」佐高信

出版社内容情報

水に落ちた犬は打つべし。一切の妥協を許さず容赦なく旧社会の儒教道徳や「正人君子」を批判し続けた中国近代文学最大の功労者の生き方を考える。解説 佐高信