ちくまプリマー新書<br> ヤングケアラーってなんだろう

個数:
電子版価格 ¥715
  • 電書あり

ちくまプリマー新書
ヤングケアラーってなんだろう

  • 提携先に55冊在庫がございます。(2022年08月20日 06時15分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 144p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784480684240
  • NDC分類 369
  • Cコード C0236

出版社内容情報

中学校の1クラスに2人はいる――家族の世話や家事を行う子どもたちを指す「ヤングケアラー」。彼らがおかれた状況や支援の取り組みを知るための一冊。

内容説明

家族の世話や家事を行う子どもたちを指す「ヤングケアラー」。ケアを背負わなければならない背景には何があるのか。実態調査や当事者が語る経験を通じて、彼らがおかれた状況や支援の取り組みを知るための一冊。

目次

第1章 「ケアする人」のケアへの注目(今の制度ができあがった背景;「人口ボーナス」から「人口オーナス」へ;ケアを必要とする人は増えているのに人手は減っている;役割過多に陥る現代人;ひとり親家庭にのしかかるひずみ;軽んじられてきた「再生産」;見えてきた「ヤングケアラー」という問題)
第2章 実態調査から見えてくること(家族の世話をしている中高生の割合;ケアをされているのは誰か;どんなケアを行っているのか;生活への影響;ケアについて話せる人がいなくて孤独を感じる;感情面の健康;周囲の人への相談や求められているサポート)
第3章 ヤングケアラーが語る自身の経験(ごあいさつ;家族の紹介;いったいどちらがお母さん?;母のケア;幼少期から小学生まで;中学時代;高校時代;ショッピングセンター;最後に)
第4章 ヤングケアラーをサポートする人たち(埼玉県での取り組み―ケアラー支援条例;スクールカウンセラー―気持ちを受けとめてくれる存在;スクールソーシャルワーカー―環境を整えるためのサポート;いかに連携を取るかという課題;家庭でのケアが必要な人をサポートする専門職;地域福祉に関わる人たち;子どもの権利;おわりに)

著者等紹介

澁谷智子[シブヤトモコ]
1974年生まれ。成蹊大学文学部現代社会学科教授。専門は社会学・比較文化研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。