ちくまプリマー新書<br> 物語は人生を救うのか

個数:
電子版価格 ¥825
  • 電書あり

ちくまプリマー新書
物語は人生を救うのか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月19日 09時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 217p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784480683519
  • NDC分類 901.3
  • Cコード C0295

出版社内容情報

人生はままならないもの。それを引き受けるには人は弱い生きものだ。困難を乗り越えるためには物語が必要だ。それは私たちを救ってくれるのだろうか?

内容説明

世界を解釈し理解するためにストーリーがあった方が、人は幸福だったり、生きやすかったりします。実話とは?そして虚構とは?偶然と必然って?私たちの周りにあふれているストーリーとは何でしょう?

目次

第1章 人間は派手なできごとが好き?
第2章 それ、ほんとの話?
第3章 僕たちの人生に必然性はあるのか?
第4章 人生に本筋はあるのか
第5章 自分の動機を自分は知らない
第6章 ライフストーリーの構築戦略
補説 物語とストーリー、そして表現の責任

著者等紹介

千野帽子[チノボウシ]
パリ第4大学博士課程修了。文筆家。公開句会「東京マッハ」司会(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

トラシショウ。

39
「人間は現実(の話)と嘘との区別がつかない事なら幾らでもありますが、現実(の話)と虚構の区別がつかない事はほぼありません。なぜなら、まず先に「これは現実の話ではなく作り話である」と言う事を納得してから読む(観る)ものとして作られているものをこそ、虚構(フィクション)と呼ぶからです」。積読消化。とても難解で、個人的にはかなり苦戦した。物語(ストーリー)、フィクション、真実と「本当らしさ」、偶然と必然等を主軸に、前著「人はなぜ物語を求めるのか」を基本とする人と物語にまつわる応用編。(以下コメ欄に余談)。2019/12/15

踊る猫

34
もちろん千野帽子の本だから書物について触れられた部分もまた面白いのだが、個人的にはあまり彼が見せることのない個人のトラウマを語ったところが印象に残った。そこから著者は自分のトラウマや罪責感を素材に、正義を語ることの困難さを綴っている。これ、ソーシャルメディアで正義感をふりかざし暴れる類の人に読んで欲しいところであると思った。一面的な正義で人を裁くこと、自分を断罪することの困難さを解毒する作用があるのではないかと思ったのだ。その意味では前書に引き続き真っ当な「自己啓発書」として読まれるに耐え得る本であるはず2019/08/20

まさひろ

32
「自分に罪悪感を感じさせてくるものからは全力で逃げろ」 本棚キープ決定。2019/05/16

きいち

31
何かを体験したり、これまでの自分とは何か言葉にしようとしたとき、否応なく使わざるを得ないのが物語。書名の問いに著者は直接答えはしないけれど、もし、常に一つの正しい物語を求めてしまうのなら答えはNO。一方で、いまのこの場、この感情を解説するためだけの物語を紡ぐのであれば、著者が自らの祖母との事件で語ったようにYES…。◇物語から自由になれと言われても無理、なら、とりあえずの物語を数多く紡げるようになること。バリエーション豊かに手持ちの物語を享受することって、じつはとても意義深いことなのかもしれない。2020/08/11

かわうそ

26
いくつかの事実をつないで腑に落ちやすいストーリーとして理解しがちな思考の傾向は程度の差こそあれ誰にでもあって、そのこと自体にはいいも悪いもないけれど、「物語化」をメタな視点で認識して多面的に考えるツールにするのがよいのかなと思いました。2019/06/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13668091

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。