ちくま文庫<br> 理不尽な進化―遺伝子と運のあいだ (増補新版)

個数:

ちくま文庫
理不尽な進化―遺伝子と運のあいだ (増補新版)

  • ウェブストアに30冊在庫がございます。(2021年05月11日 16時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 448p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480437396
  • NDC分類 467.5
  • Cコード C0145

出版社内容情報

進化論の面白さはどこにあるのか? 科学者の論争を整理し、俗説を覆し、進化論の核心をしめす。科学と人文知を切り結ぶ現代の名著。解説 養老孟司

内容説明

生物種の99.9パーセントが絶滅する。生物の歴史はずいぶんと「理不尽」な遍歴をたどってきた。本書は、絶滅という観点から生物の歴史を眺め、俗説が人びとを魅了する構造を理解することで、進化論の本当のおもしろさを読者に差し出す。アートとサイエンスを全方位的に見渡し、かつ両者をあざやかにむすぶ、現代の名著がついに文庫化。

目次

序章 進化論の時代(進化論的世界像―進化論という万能酸;みんな何処へ行った?―種は冷たい土の中に;絶滅の相の下に―敗者の生命史;用語について―若干の注意点)
第1章 絶滅のシナリオ(絶滅率九九・九パーセント;遺伝子か運か;絶滅の類型学;理不尽な絶滅の重要性)
第2章 適者生存とはなにか(誤解を理解する;模範解答と哲学的困惑;お守りとしての進化論;ダーウィン革命とはなんだったか)
第3章 ダーウィニズムはなぜそう呼ばれるか(素人の誤解から専門家の紛糾へ;グールドの適応主義批判―なぜなぜ物語はいらない;ドーキンスの反論―なぜなぜ物語こそ必要だ;デネットの追い討ち―むしろそれ以外になにが?;論争の判定)
終章 理不尽にたいする態度(グールドの地獄めぐり;歴史の独立宣言;説明と理解;理不尽にたいする態度;私たちの「人間」をどうするか)
文庫版付録 パンとゲシュタポ

著者等紹介

吉川浩満[ヨシカワヒロミツ]
1972年鳥取県米子市生まれ。文筆家、編集者。慶應義塾大学環境情報学部卒業。書評サイトおよびYouTubeチャンネル「哲学の劇場」を山本貴光とともに共同主宰している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。