ちくま文庫<br> 絶望図書館―立ち直れそうもないとき、心に寄り添ってくれる12の物語

個数:
  • ポイントキャンペーン

ちくま文庫
絶望図書館―立ち直れそうもないとき、心に寄り添ってくれる12の物語

  • 頭木 弘樹【編】
  • 価格 ¥924(本体¥840)
  • 筑摩書房(2017/11発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/21~8/31)
  • ポイント 16pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月13日 08時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 368p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480434838
  • NDC分類 908.3
  • Cコード C0193

出版社内容情報

心から絶望したひとへ、絶望文学の名ソムリエが古今東西の小説、エッセイ、漫画等々からぴったりの作品を紹介。前代未聞の絶望図書館へようこそ!

内容説明

気持ちが落ち込んで、どうしようもない。はげましの言葉も心に届かない。そんなときは、絶望図書館を訪れてみよう。そこには世界中からさまざまなジャンルの物語が集めてある。せつない話、とんでもない話、どきりとする話などなど。すべて、絶望した気持ちに寄り添ってくれるものばかり。今の気持ちにぴったりな物語がきっと見つかる。こんな図書館も世の中にひとつくらいはあっていいだろう。

著者等紹介

頭木弘樹[カシラギヒロキ]
文学紹介者。筑波大学卒。大学三年の二十歳のときに難病になり、十三年間の闘病生活を送る。そのときにカフカの言葉が救いとなった経験から、『絶望名人カフカの人生論』(飛鳥新社/新潮文庫)を編訳(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

蓮子

124
本には悲しんでいる人を助ける気持ちなんか、ちっともないとしても、本を読んでいる間は、ぼくは本にしっかりすがりついていられるーー絶望した気持ちに寄り添ってくれるような作品を集めたアンソロジー。筒井康隆から安部公房、カフカ、手塚治虫までバラエティに富んだ1冊。読んだことがない作品ばかりでとても楽しめました。中でも異星人との交流を描いた「最悪の接触」、韓国文学で「主の赦し」をテーマにした「虫の話」が印象的。巻頭に掲げられた太宰治の言葉にあるように、本はいつだって孤独の味方だ。どんな時でも傍らに本を。2018/02/12

KAZOO

110
この著者の頭木さんはNHKラジオ深夜便で「絶望名言」を時たま聴いています。この本では12作品を絶望しているときに読む対象として推薦されています。一種のアンソロジーですね。この中では最後に紹介されている千夜一夜の「漁師と魔人との物語」と手塚治虫の「ハッスルピノコ」は読んだことがありますがそれ以外の作品は未読で楽しめました。とくに筒井康隆さんと韓国の「虫の話」が印象に残りました。2022/07/09

☆よいこ

89
アンソロ「絶望の期間」をどう過ごすか、命綱になれるかもしれない物語▽①「人がこわい」[おとうさんがいっぱい︰三田村信行]選ばれない[最悪の接触︰筒井康隆]言葉が通じない[車中のバナナ︰山田太一]今は食べない人も多いんじゃ▽②「運命が受け入れられない」[瞳の奥の殺人︰ウィリアム・アイリッシュ]全身麻痺で動けないお婆さんが目撃者[漁師と魔人の物語︰千一夜物語]助けはこない[鞄︰安部公房]選択肢はない[虫の話︰李清俊]し▽③「家族に耐えられない」[心中︰川端康成]支配[素敵な他人︰シャーリィ]カプグラ症候群2021/07/31

青乃108号

87
絶望している人の為の、内外の小説や漫画まで集めたアンソロジー。俺が絶望していないのが悪いのか、あまり面白いとは思わなかった。そもそも、絶望している人が本など読めるだろうか。いや読めはしないだろう。企画自体に無理がある、残念な本。2022/02/26

takaC

83
「絶望図書館」という命名はなかなか上手い。収録された12話は各種多様でそれぞれに興味深いが連作気分で読むものではない。2018/01/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12360133

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。