ちくま文庫<br> しぐさで読む美術史

個数:
電子版価格 ¥715
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ちくま文庫
しぐさで読む美術史

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年09月23日 22時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 223p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480433183
  • NDC分類 702
  • Cコード C0170

出版社内容情報

西洋美術では、身振りや動作で意味や感情を伝える。古今東西の名画を「しぐさ」から解き明かす『モチーフで読む美術史』姉妹編。図版200点以上。

内容説明

西洋美術を鑑賞するには、人物の身振りやそこに込められた意味について知っておくことが重要だ。有名な《最後の晩餐》や《受胎告知》も、よく観察すると、描かれた個々の人物の異なる身振りがそれぞれ別の感情を表すことに気づく。知らないと見過ごしてしまうこれらの身振りや動作に注目すると、絵の中の「物語」が鮮明に見えてくる。古今東西の美術作品200点以上、カラー図版多数。

目次

走る
踊る
梳る
殴る
踏む
吹く
接吻
抱く
食べる
飲む
おんぶ
落ちる
支払う
手を取る
肩を組む
恥じらい
嘲り
怒り
嘆き
絶望
酔態
驚き
叫び
笑い
祈り
祝福
正座
土下座
体育座り
寝そべる
居眠り
頬杖
宣誓
聖なる手
足を組む
腕を組む
数え指
頭に手を置く
天を指す
沈黙

著者等紹介

宮下規久朗[ミヤシタキクロウ]
1963年名古屋市生まれ。東京サ医学文学部卒業、同大学院修了。美術史家、神戸大学大学院人文学研究科教授。『カラヴァッジョ 聖性とヴィジョン』(名古屋大学出版会)でサントリー学芸賞などを受賞。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

シナモン

163
「怒り」…西洋では自分の衣を引き裂く。「数え指」…国によって違う。「天を指す」…だからサッカー選手はゴールを決めるとこうするのか。などとても勉強になりました。また時々出てくる西洋と東洋の比較も面白いです。「抱く」…相撲絵は確かに苦労がうかがえる。「驚き」…信貴山縁起絵巻のびっくりポーズは西洋のと並べるとなんとも。「絶望」の章にあるワッツの作品『希望』…絵自体にも惹きつけられますがあとがきを読むとなおぐっときました。2020/07/12

ホークス

41
絵画の中の「しぐさ」をカラー写真満載で紹介。パラパラするだけで楽しい。キリスト教の聖画など視点、描き方が解釈によって様々だ。顔の表情よりしぐさが強く訴える絵画は多い。ムリリョの「ブドウとメロンを食べる少年」は貧しい少年たちのしぐさが現代的で17世紀の絵とは思えない。ダヴィンチの「最後の晩餐」は改めて見るとしぐさが多彩で驚く。日本だと「豊国祭礼図屏風」の躍動感ある輪舞が見事。あとがきに著者の娘さんが亡くなる前、病院でこの連載の「祈り」の回を読んだとあった。それが著者にとっても慰めになっている事を祈りたい。2019/05/13

kaori

37
モチーフシリーズに続き今回は「しぐさ」。改めて言われてみれば、確かに私たち日本人のボディランゲージというのは少ない。もちろん東西問わず共通するしぐさはあるが、教義としての宗教画を主としてきたからこそ、そのしぐさに込められた意味合いを理解することは西洋美術をより良く理解することだと納得。今回のあとがきで、お嬢様を亡くされた先生のお心が僅かばかりとも安らかになられてきたように感じられ、一読者にすぎない私も少し安堵した。2016/01/27

mitu

29
深い意味も知らずに観ていた絵画が半分以上出てきたので、なるほどと腑に落ちました。細かいことはすぐに忘れそうですが、意識的にしぐさを注意して観る習慣をつけるのには役に立ちそうです。走る、踊る、殴る…嘲り、数え指…等としぐさ毎に分けられていて、古今東西東の絵画が200点も登場するので飽きずに読めて印象にも残り、より深い観賞に役立ちます。⇒2017/03/09

あーびん

26
西洋美術に登場するポーズの多くは古代ギリシャ彫刻に基づくものであり、絵画の中における大げさなジェスチャーは雄弁に感情を物語り、ドラマティックな効果を与えている。海外と比べると身振り表現の少ない日本絵画だが、いくつかの項目では西洋絵画とともに引用されており興味深い比較となっている。「南蛮屏風」の中の祝福サインや数え指が絵画の中で数を表しているというのが面白かった。2021/05/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9924106

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。